【2021年版】料金値下げをしたIIJmioの評価、メリット・デメリットを解説

IIJmioの新料金プラン、サービス内容を評価。メリットやデメリットも解説。

格安SIMのIIJmioは、2021年4月より新料金プランを提供開始。格安SIMでも最安値クラスの料金体系となっており、フルMVNOを活かしたeSIMの提供も特徴的です。
今回は、新料金プランになったIIJmioをあらためて評価。メリットやデメリットについても解説していきます。

IIJmio公式サイト:https://www.iijmio.jp/

IIJmioのサービス概要

IIJmioサービス概要
回線ドコモ・au
月額料金2GB税込858円~
SIM・マルチカットSIM
・eSIM(データのみ)
提供サービス・音声対応SIM
・SMS対応SIM
・データSIM
・eSIM(データのみ)
データ繰り越し翌月まで
データ分け合いプラン間で分け合い可能
通話オプション・10分かけ放題
・3分かけ放題
支払方法クレジットカード
MNP可能
端末販売40機種以上販売

IIJmioは、ドコモとau回線から選べるマルチキャリアに対応しています。
回線は申込時に選択することができ、こだわりがなければドコモ回線を選べばOKです。
ほとんどの人はドコモ回線を選んでいることから、au回線は混雑時間帯でも安定した通信速度に期待ができます。
auで使っていたスマホをそのまま使いたい人も、au回線を選ぶといいでしょう。

2021年4月スタートの新料金プラン

IIJmioでは、2021年4月より新料金の「ギガプラン」を提供開始しています。
旧プランよりも月額料金が引き下げされています。

IIJmio新料金プラン月額料金
2GB780円(税込858円)~
4GB980円(税込1,078円)~
8GB1,380円(税込1,518円)~
15GB1,680円(税込1,848円)~
20GB1,880円(税込2,068円)~
*音声通話SIMの料金
*ドコモ、au回線を提供

記載している料金の音声通話SIMは、ネットと電話が使えるスタンダードなSIMカードです。
2GB~20GBの5プランを用意。使い方に合わせて自分にピッタリのプランを選ぶことができます。
これまで3GBと6GB、12GBの3プランだけでしたが、新料金プランで月に使えるデータ利用量の幅が広がりました。

IIJmioのメリット

IIJmioは、ひとりでも家族でも乗り換えやすく、データ量の繰り越しや分け合いができることがメリットです。
スマホをセットで購入することもでき、取扱機種数は40機種以上と、他社よりも充実したラインナップも魅力的です。

MNP乗り換えの手続きが簡単に

たとえば家族で乗り換える場合、格安SIM(MVNO)事業者によっては、乗り換える回線をすべて代表回線に契約変更をする必要があります。
家族で大手キャリアを使っていたとすると、MNP予約番号取得前に、すべての回線を契約内容変更届けにて、名義を統一させる必要がありました。
IIJmioだと、MNP予約番号さえ取得すれば、家族のスマホを丸ごと乗り換えることが可能です。
ただし、新規申込のみの運用となり、後からSIMカードを追加する場合は、移転元キャリアにて名義を一致させておく必要があります。
またIIJmioに移転後、すべての名義が代表回線(契約者)名義に変更されるので注意が必要です。

翌月までデータの繰り越しができる

データ容量が余った場合、翌月まで繰り越すことができます。
繰り越しに関する申込みは不要。自動的に繰り越しされ、翌月は繰り越されたデータ量から消費していきます。
たとえば2GBで申込みした場合、月1GB前後のデータ利用量なら、翌月は3GB前後のデータを使うことができます。
データ利用量にばらつきがある人にとって便利です。

家族で便利、データの分け合い機能

IIJmioは、家族でデータを分け合うことができます。
分け合いに関しては、旧プランと仕組みがことなり、プラン間での分け合いが可能です。

たとえば、子どもに2GBプラン、両親がそれぞれ8GBを利用していたとします。
子どものデータ利用量が少なくなってきた時に、両親持っているデータ量を分けてあげることができます。

機種ラインナップが充実

取扱機種数は、格安SIM(MVNO)事業者としてはトップクラスの40機種以上。SIMフリーAndroidスマホを中心に、中古・未使用品iPhoneも購入することができます。
価格自体は若干の値下げがおこなわれおり、MNP限定で端末価格税込1円といったキャンペーンも実施されていることがあります。
機種によっては他のECサイトや家電量販店よりも安く購入できるので、SIMフリーAndroidスマホのセット購入がおすすめです。
最近のSIMフリーAndroidスマホには、APN設定に必要な情報がプリセットとして登録しているので、簡単に開通の手続きができます。

AndroidスマホのAPN設定画面
機種:HUAWEI nova3

画像はOCNモバイルONEを選んでいますが、IIJmioを利用する場合は、SIMカードを挿したスマホを起動して、設定画面から「IIJmio」をタップするだけです。
IIJmioで取扱い機種に関しては、IIJmio公式サイトをご確認ください。

IIJmio公式サイト:https://www.iijmio.jp/

LINEの年齢認証が可能に

IIJmioはLINEの年齢認証に対応し、格安SIM(MVNO)でもLINEのID検索を使うことができます。
LINEの年齢認証に対応しているのは、2021年4月現在はIIJmioとmineoのみ。第4のキャリアである楽天モバイルも年齢認証に対応しています。
これまで格安SIM(MVNO)事業者でLINEの年齢認証に対応していたのは、LINE直系のLINEモバイルのみで、LINEモバイルも2021年3月末で新規受付を終了しています。

IIJmioのデメリット

IIJmioのデメリットは、他の格安SIM(MVNO)事業者とほとんど同様な印象です。
よくあるデメリットとして、通信速度の遅さやサポートの手薄さが挙げられます。

通信速度が遅い

IIJmioドコモタイプ通信速度テスト

ネットの速度に関しては、どの格安SIM(MVNO)にも共通します。
ただ、最近は遅いというよりも「安定しない」という表現が正しいかもしれません。
実際にIIJmioのSIMカードで速度を測ってみると、動画を見たりネット検索に必要な下りスピードが63.7Mbpsが出ています。
もちろん、朝や昼といった時間帯は極端に速度が落ちる時があります。
落ちたとしても10Mbps前後。稀に1Mbpsを切ることがあり、速い時は速い、遅い時は遅いと割り切ったほうがいいでしょう。
IIJmioに関しては、新料金プランの提供開始とに伴い、ユーザーの増加を予測して通信速度がチューニングされています。
通信する際の初速に関わるチューニングで、車に例えると、加速性能を良くした状態です。

サポートが手薄い

格安SIM(MVNO)は、店舗を構えずにネットだけで申込みなどを完結させることで、低料金を実現しています。
なので、店頭サポートを受けられない事業者がほとんどです。
IIJmioも例外ではなく、基本的にチャットやサポートページを確認しながら、自身で問題を解決しないといけません。
キャリアから格安SIMに乗り換えを検討している人は、1年間でどれくらいショップでの店頭サービスを受けたか思い出してみてください。
スマホの操作がわからないなどで、1年間に何度もショップに足を運ぶようなら、そのままキャリアで契約をしていたほうが無難です。
そういえばここ数年ショップに行ってないという人は、格安SIMを使っても問題ないと思います。

支払い方法がクレジットカードのみ

IIJmioの支払い方法はクレジットカードのみ。IIJmioだけでなく、ほとんどの格安SIM(MVNO)事業者は、支払い方法にクレジットカードを指定しています。
料金未払い防止、手続きの簡素化などが理由です。
クレジットカードでの支払いに抵抗があれば、OCNモバイルONEやUQモバイル(実店舗のみ)あたりを検討してみましょう。

キャリアメールが使えない

出典:SIMrise

ドコモやau、ソフトバンクのキャリアメールを使うことができません。
業界としては、キャリアメールをそのまま格安SIM(MVNO)でも使えるようにという動きもあります。
しかし、いつ実現するかわからない点と、具体的にどういう仕組みで引き継ぎできるかが不明確です。
可能性としてありそうな方法は、キャリアメールをサービスの一部としてキャリアが切り離し、有料のメールサービスとしてユーザーに提供することです。
現状は、格安SIM(MVNO)へ乗り換えする前に、Gmailなどのフリーメールに移行しておくしかありません。
キャリアメールをよく使っているという人は、フリーメールへの移行が大きな手間となるはずです。

IIJmio公式サイト:https://www.iijmio.jp/

タイトルとURLをコピーしました