格安SIM

スポンサーリンク
格安SIM

ワイモバイル10周年キャンペーン開催

ワイモバイルにて、サービス開始10周年を記念した「ワイモバ10周年大感謝祭!」がはじまりました。10周年記念キャンペーンでは、乗り換えで人気のスマホが特別価格で購入することができ、他にも家族や友人に紹介すると最大10,000円相当のPayPayギフトカードがプレゼントされたりと充実の内容となっています。
格安SIM

リンクスメイトでLP購入時の支払い方法にApple PayとGoogle Payが追加

格安SIM(MVNO)サービスを提供するリンクスメイトにて、LP購入時の支払い方法にApple PayとGoogle Payが追加されました。Apple Payにて選択できる支払い方法は「クレジットカード」「デビットカード」「プリペイドカード」の3種類。Google Payにて選択できるお支払い方法は「クレジットカード」のみです(Google Payのご利用には、Googleアカウントへのログインが必要)。
格安SIM

【2024年版】格安SIM(MVNO)のマルチキャリアやトリプルキャリアとは?

格安SIM(MVNO)について調べている時、「マルチキャリア」や「トリプルキャリア」という言葉をよく見かけると思います。今回は、格安SIM(MVNO)におけるマルチキャリアとトリプルキャリアについて詳しく解説。マルチキャリアとトリプルキャリアに関する、メリットや注意点についても紹介します。
格安SIM

【2024年版】格安SIMを最短で開通させるために知っておきたいこと

毎月の通信費を節約できる格安SIMの申込みが増えています。需要期以外なら、ネット申込みでSIMカードが手元に届くまで約4日。遅くて1週間もあればほとんどの格安SIM(MVNO)事業者で開通させることが可能です。今回はこれから格安SIMを申込む人へむけて、なるべく早く、最短で開通させるために知っておきたいことを紹介します。
スマホ

eSIMのデメリットまとめ

大手キャリアやMVNOで提供されているeSIMは、物理SIMとは異なり、申し込みから開通までスピーディにおこなえることが大きなメリットです。物理SIMと組み合わせてデュアルSIMにしたりとメリットも多いeSIMですが、もちろんデメリットもあります。本記事では、eSIMを申し込む前に知っておきたいデメリットについて解説。eSIMを提供する格安SIM(MVNO)事業者も合わせて紹介します。
格安SIM

【2024年版】IIJmioの評価、メリット・デメリットを解説

インターネットイニシアティブが運営するIIJmioは、ドコモ・au回線のマルチキャリアに対応するMVNOサービスです。本記事では、IIJmioのサービス概要などをまとめてIIJmioを評価。実際にIIJmioを使って感じたメリットやデメリットも解説していきます。
格安SIM

【2024年最新版】格安SIMは保険証のみで契約できる?

格安SIM(MVNO)を契約する際、本人確認書類が必ず必要です。しかし、保険証はあるけど、運転免許証やパスポートを用意できないという人もいるでしょう。本記事では、格安SIM(MVNO)を契約する際、保険証のみで契約できるかについて解説します。
格安SIM

IIJmioに大容量プランが2024年3月1日より提供

格安SIM(MVNO)のIIJmioにて、2024年3月1日(金)より30~50GBまでの大容量プランの提供が開始されます。新しく用意するプランは、30GB・40GB・50GBの3プラン。一般的な音声SIMやeSIMだけでなく、データeSIM(ドコモ網のみ)やデータSIM(タイプDのみ)、データSIM(SMS対応)の申し込みも可能です。
Android

ワイモバイルにて「Pixel 7a」と「Libero Flip」の予約開始

ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルにて、「Google Pixel 7a」と「Libero Flip」の予約がはじまりました。「Google Pixel 7a」は2024年2月22日(木)発売予定で、「Libero Flip」は2024年2月29日(木)に発売予定です。
Android

「OPPO A79 5G」がワイモバイルにて予約開始

ソフトバンクのワイモバイルにて、「OPPO A79 5G」の予約がはじまりました。「OPPO A79 5G」は、OPPO製のAndroidスマホ。防水・防塵、おサイフケータイ、急速充電などの多彩な機能に対応していることが特徴です。ワイモバイルでの端末価格は、他社からの乗り換え(MNP)でシンプル2 M/Lに加入すれば3,980円から購入することができます。
スポンサーリンク