Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュースや格安SIM・格安スマホの最新情報、キャンペーン情報をお届けします

格安SIM

LINEモバイルのソフトバンク回線を使うメリットは?

LINEモバイルのソフトバンク回線を選ぶメリットとは?

格安SIM(MVNO)のLINEモバイルは、2018年7月2日よりソフトバンク回線の提供を開始しました。
これによりLINEモバイルは、マルチキャリアに対応した格安SIM(MVNO)サービスとなりました。
マルチキャリアとは、ユーザーが手持ちのスマホに合わせて申込時にネットワークを選べる仕組みです。
ソフトバンク回線を選ぶメリットといえば、ソフトバンクで購入したiPhoneをSIMロック解除不要で利用することができることです。
格安SIM(MVNO)で提供している回線の多くはドコモ系なので、ソフトバンクの端末をそのまま使いたいかたにとっては格安SIM(MVNO)事業者を選ぶ選択肢が増えたことにもなりました。
今回は、LINEモバイルのソフトバンク回線のメリットについてまとめていきます。

LINEモバイル公式サイト:https://mobile.line.me/

ソフトバンクで購入したiPhoneが使える

冒頭で少し触れたように、ソフトバンク回線を選ぶメリットのひとつに、ソフトバンクで購入したiPhoneをSIMロック解除不要でそのまま利用できる点が挙げられます。
たとえば、SIMロック解除ができなくなってしまったiPhoneを復活させて子供に持たせてあげるといった使い方も可能です。
ソフトバンクで購入したiPhoneは、iPhone5s以降ならSIMロック解除不要で利用することができます。

LINEモバイルのソフトバンク回線は、通信速度が比較的安定している

LINEモバイルは、ソフトバンク回線の提供開始を記念して「格安スマホ最速チャレンジ」を2018年12月31日まで実施しています。
LINEモバイルが計測した通信速度は、LINEモバイル公式サイトにて開示しており、LINEモバイルユーザー以外も確認することが可能です。
LINEモバイル公式の計測場所は新宿駅周辺としており、朝、昼、夕といった回線混雑が予想されるピーク時間帯でも30Mbps前後をキープしています。
この速度は、UQモバイルやY!mobileといったサブブランドに匹敵しており、格安SIMを申込む時に懸念される通信速度の不安を解消してくれそうです。
ただし、LINEモバイルのソフトバンク回線を申し込めば、誰でもこの通信速度が出るとは限りません。
利用する地域や場所によっては、LINEモバイル公式が開示している速度よりも遅い速度になる可能性があります。
ですが現状はドコモ回線を選択するより速度は安定しているでしょう。
その理由として、LINEモバイルのソフトバンク回線の提供がはじまったばかりということ、ソフトバンク回線を利用しているユーザーが少ないからということが考えられます。
なので、ドコモやauで購入したスマホをSIMロック解除してソフトバンク回線を利用するといった方法もアリです。
→LINEモバイル:ソフトバンク回線の最新速度を確認

まとめ

今回はLINEモバイルが提供を開始したソフトバンク回線のメリットについて解説してきました。
大きなメリットは、ソフトバンクで購入したiPhoneがそのまま使えることと、通信速度が安定していることです。
ユーザーの多いiPhoneを例にしましたが、ソフトバンクで購入したAndroidスマホも利用することができ、HTC U11(601HT)など、多くの機種が動作検証済みとなっています。
→LINEモバイル:その他の対象端末を検索する

通信速度に関しては、LINEモバイルのソフトバンク回線利用者が増えるほど遅くなってしまう可能性はあります。
その点は、格安SIM(MVNO)の宿命ともいえるので回線増強などに期待するしかないでしょう。
LINEモバイルでは2018年8月31日までの期間、格安SIMをおトクにスタートできる「スマホ代 月300円キャンペーン」を実施中です。
期間中、LINEモバイルに申込みと利用開始を迎えると月額料金が半年間900円割引で利用することができます。
ドコモ、ソフトバンク両方がキャンペーンの対象となっています。
「スマホ代 月300円キャンペーン」の詳細やその他キャンペーンの詳細は、LINEモバイル公式サイトをご確認ください。

LINEモバイル公式サイト:https://mobile.line.me/

関連記事

-格安SIM