【BTO】Ryzen 5 1600 AF搭載、コスパ重視の新モデル発売

FRONTIERにてRyzen 5 1600 AF搭載のGXシリーズ発売開始。

格安BTOパソコンを販売するFRONTIERは、Ryzen 5 1600 AF搭載パソコンの販売を開始しました。
今回発売したパソコンは、FRONTIERのスタンダードモデルとなるGXシリーズで、価格は67,000円(税別)からとなります。
搭載CPUのRyzen 5 1600 AFは、第1世代Ryzen 1600を第2世代Ryzenと同様のZen+コアを採用していることが特徴です。
CPUのコストパフォーマンスも強みで、CPU単体での市場価格は1万円前後。エントリー向けとしても十分です。
グラフィックスはミドルクラスのGeForce GTX1650を搭載。メインメモリが8GB、240GBのSSDを組み合わせます。
ゲーミングとして購入する場合、購入時のカスタマイズに16GBメモリへのアップグレード、1TBのHDD追加がおすすめ。カスタマイズ後の価格は83,800円(税抜)で、それでも10万円を切る価格は、Ryzen 5 1600 AFもともとの高いコスパだから実現できるというわけです。
FRONTIERでは、今回発売したRyzen 5 1600 AF搭載モデル以外にも、豊富なラインナップのセールを実施しています。
スペックやセールの詳しい情報は、FRONTIER公式サイトをご確認ください。

FRONTIER公式サイト:https://www.frontier-direct.jp/

タイトルとURLをコピーしました