Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュースや格安SIM・格安スマホの最新情報、キャンペーン情報をお届けします。動画サイトなどエンタメ情報も。

格安SIM

楽天モバイル、2019年10月に自社回線へ移行

楽天モバイルが、自社回線(MNO)への移行スケジュールの一部と、対応製品を発表

格安SIM(MVNO)サービスを展開している楽天モバイルは、2019年10月に自社回線(MNO)への移行について案内を発表しました。
2019年3月14日(木)10:00以降に契約したユーザーには、2019年10月以降に順次、専用SIMカードを送付するとのことです。
2019年3月14日(木)9:59より前に、楽天モバイルを利用しているユーザーについては、改めて案内されます。
現状、影響があるのは2019年3月14日(木)10:00以降に契約したユーザーとなります。
楽天モバイルによると、自社回線移行後、専用SIMカードに交換しない場合でも楽天モバイルのネットワーク(au・ドコモ)は、継続して利用可能とのことです。

楽天モバイルは、自社回線対応製品の発表も行いました。
2019年3月14日時点の対応機種となり、今後も追加していく可能性が高いです。
楽天モバイル自社回線対応製品は下記の通りです。

■SHARP
・AQUOS R2 compact SH-M09
・AQUOS sense2 SH-M08
・AQUOS sense plus SH-M07
・AQUOS R compact SH-M06
・AQUOS sense lite SH-M05
■HUAWEI
・HUAWEI nova lite 3
■OPPO
・AX7
・R17 Pro
・Find X
■NEC
・Aterm MR05LN(モバイル ルーター)

楽天モバイル契約中のユーザーが、専用SIMを利用してMNO回線に切り替えた後も、最低利用期間は引き継がれます。
最低利用期間内の解約は、これまで通り契約解除料(違約金)が発生するので注意が必要です。
楽天モバイルの自社回線(MNO)移行のさらに詳しい情報は、楽天モバイル公式サイトをご確認ください。

楽天モバイル:https://mobile.rakuten.co.jp/

関連記事

-格安SIM