GIGABYTE製、RTX 3090・RTX 3080が10月中旬に発売

大型空冷ファンとLCDエッジビューを搭載。GIGABYTE製、NVIDIAGeForce RTX 3090・RTX 3080グラフィックボードが、CFG販売より発売を発表。

左:NVIDIA GeDorce RTX 3080搭載モデル
右:NVIDIA GeDorce RTX 3090搭載モデル

GIGABYTEの日本代理店CFD販売株式会社は、GIGABYTEブランドのNVIDIAGeForce RTX 3090、RTX 3080搭載グラッフィックボードを発売すると発表。4年保証(要オンライン登録)対応のAORUSゲーミングモデルで、大型空冷ファンの「MAX-COVERDクーリング」が特徴的なグラフィックボードとなっています。
気流をスムーズに誘導し冷却性を高めるオリジナルブレードのスタックファン、隣接するファンを逆方向に回転させることで気流を安定させる「オルタネイトスピニング」など、冷却効果を高める仕組みが豊富です。
クーラー上部には液晶モニターの「LCDエッジビュー」を搭載しており、画像を表示させたり、お気に入りのGIF動画をアップロードすることもできます。
両モデルの価格はオープンで、発売日は10月中旬の予定です。
スペックなどの詳細は、CFD販売の商品ページをご確認ください。

CFD販売公式:RTX 3080搭載「GV-N3080AORUS X-10GD」
CFD販売公式:RTX 3090搭載「GV-N3090AORUS M-24GD」

タイトルとURLをコピーしました