SpotifyとLINE MUSICを比較、有料プランに加入するならどっちがいい?

SpotifyとLINE MUSICを比較。各アプリの機能や料金を解説。

「Spotify(スポティファイ)」と「LINE MUSIC(ラインミュージック)」は、最新楽曲から懐かしい名曲まで聴き放題になる人気の定額制音楽配信サービスです。
どちらも日本では定番のサービスとなっており、どっちを使おうか迷っている人もいるでしょう。
今回は「Spotify」と「LINE MUSIC」を比較。有料プランと無料プランの違いについても紹介します。

Spotify公式サイト:https://www.spotify.com/jp/
LINE MUSIC公式サイト:https://music.line.me/about/

SpotifyとLINE MUSICの料金比較

まず、SpotifyとLINE MUSICの月額料金をまとめました。

SpotifyLINE MUSIC
無料プランありあり
月額有料プラン・スタンダード:980円
・デュオ:1,280円
・ファミリー:1,580円
・スチューデント:480円
・プレミアム:980円
・ファミリー:1,480円
・学生:480円
年間プラン・個人用:9,800円・一般:9,600円
・ファミリー:14,000円
無料体験月額プランのみあり月額・年間プランであり
備考*無料体験は一部のプランで非対応
*無料体験期間はどちらも基本1ヶ月

SpotifyとLINE MUSICの月額プランは、個人で利用する分なら料金に大きな差はありません。
2人以上で使う場合の料金に差はありますが、あまり気にする必要のない差といえます。
料金で選ぶよりも、無料体験を活用して使いやすいほうを継続するといいでしょう。

SpotifyとLINE MUSICの無料プランについて

SpotifyとLINE MUSICどちらにも無料プランが用意されており、楽曲の検索や再生プレイヤーの使用感などを試すことができます。
無料プランで聴きたいアーティストの楽曲が配信されているかなど、確認してみてください。
LINE MUSICの無料プランでの再生は30秒まで。Spotifyはフルで試聴できますが、スマホアプリ版だとオンデマンド再生はできません。

SpotifyとLINE MUSICの音質について

SpotifyとLINE MUSCIの音質を比較していきます。
今回は以下の端末とアプリバージョンで検証をおこないました。

■音質比較/検証環境
・端末:AQUOS sense4 plus(Android 11)
・Spotify Androidアプリ(6.2.0)
・LINE MUSIC Androidアプリ(8.7.48.1062)
・イヤホン:パナソニック RP-HJE150-K

イヤホン1,000円以下で購入できて入手性もよく、イヤホン自体の品質もそれなりでハイレゾに対応していないものを使用しています。

Spotifyの音質

Spotifyは利用する回線速度に応じて音質が自動で変化する仕組みです。
音質はSpotifyアプリの歯車アイコンから、Wi-Fi接続時とモバイル通信時それぞれで変更が可能です。

Spotify FreeSpotifyプレミアム
ブラウザ128kbit/秒256kibt/秒
アプリ低音質:24kbit/秒
標準音質:96kbit/秒
高音質:160kibt/秒
低音質:24kbit/秒
標準音質:96kbit/秒
高音質:160kibt/秒
最高音質:320kbit/秒

無料プランのSpotify Freeで音質をチェックする場合は高音質までとなります。
PCなどのブラウザで聴く場合、無料プランなら128kbit固定で、有料プランだと256kbit固定です。
数字が大きくなるほど音質が良くなり、小さくなると音質が悪くなることはなんとなくわかると思います。
高音質と低音質だと顕著に音質の違いが出て、標準音質と高音質だとあまり差はない感じがします。
音源にもよりますが、低音質だとモワモワした音質になってしまいますが、聴けないことはないといった印象です。
これからSpotifyを試すという人は、まず高音質と標準音質で満足できる音質であるかチェックするといいでしょう。
実際のところ、Spotifyプレミアムの最高音質と高音質の違いは、今回の検証環境だとわかりませんでした。
イヤホン自体を品質の良いものに替えると、最高音質と高音質の違いがわかるかもしれません。

LINE MUSICの音質

LINE MUSICの音質は、WI-Fi接続とモバイル通信時それぞれ3段階で設定が可能です。
音質を変更するにはLINE MUSICアプリのライブラリから歯車アイコンをタップし、「再生環境」→「音質/保存」の順に進みます。

LINE MUSIC
アプリ低音質:AAC
中音質:192K
高音質:320K

デフォルト設定だとモバイルデータ通信時のストリーミングは、低音質のAACに設定されています。
実際、外出先などで音質を変更せずに使っており、低音質で聴いていましたが、音が悪いと思わなかったのが素直な感想。自分で音質設定画面を確認して、はじめて低音質で聴いていたのだと気づいたくらいです。
イヤホンの性能にもよりますが、低音質でもあまり気にならない程度で、ビットレートも96Kくらいだと思います。
低音質に関してはSpotifyよりも音質はいいのですが、その分データ容量が大きくなると思っておきましょう。
高音質と低音質を比較すると、違いはわかりますが、スマホで聴く分なら高音質か中音質で満足できるはずです。

SpotifyとLINE MUSICで楽曲を検索しやすいのはどっち?

無料プランで試す際、SpotifyとLINE MUSICのどちらが目的の楽曲を探しやすいのか、いろいろな切り口で検索してみてください。

左:Spotify
右:LINE MUSIC
歌詞検索はLINE MUSICのほうが探しやすい

SpotifyとLINE MUSIC、どちらもアーティスト名やアルバム名、楽曲名で検索ができ、さらに歌詞を入力して楽曲の検索が可能です。
歌詞検索に関しては、該当する歌詞と曲名が同時に表示されるLINE MUSICのほうが探しやすいです。

左:Spotify
右:LINE MUSIC
同一アーティスト名の洋楽と邦楽が混ざることもある

邦楽と洋楽で同じ名前のアーティストがいた場合、アルバムが混在することがあります。
SpotifyとLINE MUSICどちらにも同じことがあり、邦楽で目的の楽曲がないときは、洋楽の同じ名前のアーティスト側を調べると見つかることもあります。

細かいことですが、Spotifyにはシングル・アルバムのリリース年が表示されています。
探している楽曲のリリース年がなんとなくわかるときに役立ちそうです。

SpotifyとLINE MUSICの機能面を比較

SpotifyとLINE MUSICの基本的な目的である「音楽を聴く」以外の機能を紹介します。
結論として、SpotifyよりもLINE MUSICのほうが音楽を聴く以外の機能は充実しています。
Spotifyは特徴的な機能はないものの、新しい音楽の発見を手助けしてくれる正統派の音楽配信サービスという印象です。

LINE MUSIC:ミュージックビデオを配信

LINE MUSICは、いろいろなアーティストのミュージックビデオを配信しています。
動画タブからトレンドの動画を探せるほか、検索からもミュージックビデオの検索ができます。
ミュージックビデオの画質は1080p・720p・480pから選択可能です。

LINE MUSIC:ボーカルをカットできるカラオケ機能と採点機能

LINE MUSICにはボーカルの音声をカットできるカラオケ機能が搭載されています。
カラオケ機能は、無料プランの再生時間30秒間で試すことができます。

左:LINE MUSICカラオケ機能設定画面
右:LINE MUSIC採点機能

カラオケの採点は有料プランだけの機能です。
採点を利用するには有線のイヤホン(ヘッドセット)が必須で、無線イヤホンでは利用できません。
カラオケの採点でよくあるガイドメロディが表示され、ガイドメロディと歌詞を参照しながら歌唱します。
採点機能自体はあくまでオマケ程度といった印象で、本格的なカラオケ練習には向いていません。
ガイドメロディも楽曲によってはうまく同期されておらず、カラオケに対応していない楽曲もあります。

Spotify:自動プレイリストが豊富で新しい楽曲の発見に役立つ

Spotify
ユーザーのリスニング傾向からいろいろな楽曲を提案してくれる

Spotifyは、ユーザーのリスニング傾向を分析し、普段聴いているアーティストに近い楽曲の提案とプレイリストを作成してくれます。
プレイリストの提案と作成はLINE MUSICにもありますが、Spotifyはいろいろなアプローチでユーザーに最適なプレイリストを自動的に作成してくれることが特徴です。
日替わりで更新されるプレイリストで、新しい音楽の発見に役立つことでしょう。
なお、Spotifyが作成したプレイリストで気に入らないアーティストがいた場合、削除して以降作成されるプレイリストに加えないことも可能です。

Spotify公式サイト:https://www.spotify.com/jp/
LINE MUSIC公式サイト:https://music.line.me/about/

タイトルとURLをコピーしました