マウスコンピューターの「DAIV」より第12世代CPU搭載クリエイター向けPC発売

マウスコンピューターより第12世代Intel CPU搭載クリエイター向けPCが6モデル登場。Wi-Fi 6対応モデルも用意されており移動をともなう現場でもネット接続が可能。

マウスコンピューターの「DAIV」シリーズより、第12世代Intel CPU搭載クリエイター向けPCの販売が開始しました。
「DAIV」はマウスコンピューターのクリエイター向けブランドです。
画像編集や動画編集をやってみたい人にとって最適なスペックを提供。特徴的な筐体にはキャスター(別途オプション)を取りつけ可能で、移動が多い時にも役立ちます。
また、筐体上部のボリュームのようなつまみは電源操作となっており、つまみをひねることでPCの電源をオンすることが可能です。
今回は新発売した6モデルの中から、手にしやすい2モデルを紹介します。

マウスコンピューター公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/

DAIV Z3(プレミアムモデル)
第12世代Intel Core i7-12700F搭載モデル
OSWindows11 Home
CPU第12世代Intel Core i7-12700F
グラフィックNVIDIA GeForce GTX 1650
メモリ32GB(16GB×2)
ストレージSSD:512GB M.2 NVMe接続
HDD:1TB
チップセットZ690チップセット
光学ドライブ
本体価格199,800円(税込・送料別)

DAIV Z3(プレミアムモデル)は、第12世代Intel Core i7-12700Fとメインメモリ32GBの組み合わせ。グラフィックスはミドルクラスのGTX1650を採用し、OSはWindows 11 Homeを標準搭載します。
有線LANポートを備えていることはもちろん、無線LANは11axにも対応。有線接続が難しい自宅や外の現場にPCを持っていた際もWi-Fiでネット接続が可能です。
BTOでは、3.5型HDDリムーバブルケースを追加することができたりと、拡張性の高さも特徴。光学ドライブは標準構成だと非搭載なので、注文時のBTOで追加が必要です。
価格は本体のみで199,800円(税込・送料別)で、写真編集やちょっとした動画編集の入門にも最適な1台といえます。

DAIV Z7
第12世代Intel Core i7-12700F搭載モデル
OSWindows11 Home
CPU第12世代Intel Core i7-12700F
グラフィックNVIDIA GeForce RTX 3060
メモリ32GB(16GB×2)
ストレージSSD:512GB M.2 NVMe接続
HDD:2TB
チップセットZ690チップセット
光学ドライブ
本体価格269,800円(税込・送料別)

DAIV Z7は、第12世代Intel Core i7-12700Fとメインメモリ32GBの組み合わせ。グラフィックスはRTX3060を採用し、OSはWindows 11 Homeを標準搭載します。
こちらも有線LANポートを搭載し、無線LANは11axに対応します。
全体的に中級者向けのスペックとなっており、RAW現像や動画編集に最適です。
水冷CPUクーラーを採用しているため、高負荷な長時間の作業にも安定した動作が期待できます。
価格は269,800円(税込・送料別)で、BTOによるカスタマイズにも対応します。

マウスコンピューターでは、今回紹介した2モデル以外にも、いろいろなスペックのDAIVシリーズをラインナップ。予算や使い方に応じて、自分にぴったりの1台が見つかるでしょう。
セールを実施していることがあり、DAIVシリーズがセール対象になることはもちろん、ゲーミングPCもセール対象となっています。
詳しいスペックや納期、BTO可能項目といった詳細は、マウスコンピューター公式サイトをご確認ください。

マウスコンピューター公式サイト:https://www.mouse-jp.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました