【2022年版】Amazonの聴き放題Audible(オーディブル)月額1500円は高い?価値があるのか解説

Amazonのオーディオブックサービス「Audible」の月額1,500円は高いのか?実際に使い続けてレビュー

Amazonが提供する「Audible(オーディブル)」は、月額1,500円(税込)のオーディオブックサービスです。
2022年1月27日(木)より、これまでのコイン制から聴き放題プランへ移行。12万以上の作品が聴き放題で楽しむことができます。

今回は、新しくなったAudibleの聴き放題プランについて解説。コイン制のときに購入した作品はどうなるか、解約後も聴けるかについても紹介します。

Amazon Audible:https://www.audible.co.jp/

Audibleはどんな人におすすめなのか

・英語などの勉強に活用したい人
・自己啓発に活用したい人
・本を1冊なかなか読みきれない人
・好きな声優、俳優、ナレーターの朗読が聴きたい人
海外では、Audibleをはじめとするオーディオブックが、自己啓発などに活用されて人気があります。日本でも、英語の勉強やビジネス書を聴いて自己啓発に活用できそうです。
読書はしたいけど、本を1冊読みきれないという人にもAudibleはおすすめ。聴き放題になったAudibleを活用して、気になっていた書籍を耳で楽しむことができます。

Audibleの聴き放題プランとは?

前述のようにAudibleは、2022年1月27日(木)より聴き放題プランがスタートしました。
コイン制のAudible会員も自動的に聴き放題プランへ移行。所有しているコインについては、有効期限内に使い切る必要があります。
これからAudibleに登録する人は、聴き放題プランではじめることになります。

Audible旧プランと新プランの違い

旧プラン
(コイン制)
新プラン
(聴き放題)
月額料金1,500円(税込)1,500円(税込)
聴き放題×
コイン×
ポッドキャスト
作品単品購入
ダウンロード
ストリーミング×

旧プランと新プランの大きな違いは、聴き放題になったこと。厳密にいえば、コイン制の旧プランがはじまる前の聴き放題に戻ったことになります。
コイン制の旧プランは、1ヶ月に1枚付与されるコインを使って、好きなオーディオブック1作品と交換する仕組みでした。
新プランは、Audibleで配信中の12万作品以上が聴き放題。これまでどおりポッドキャストもAudible会員なら無料で聴くことができます。
再生方法もストリーミング再生が追加され、PCやスマホなど、幅広いデバイスでAudibleを楽しむことができます。
また、Audible会員なら30%オフで作品の単品購入もこれまでどおり可能です。

Audible聴き放題プランのメリット・デメリット

聴き放題になったAudibleのメリットとデメリットについてまとめます。

メリット:12万作品が聴き放題、気になっていた作品をたっぷり楽しめる

月1作品しか聴けなかったコイン制の旧プランとは異なり、聴き放題になったことで気になる作品を気軽に聴けることが、聴き放題プランの大きなメリットです。
また、Audible会員限定のポッドキャストも引き続き、聴き放題で利用することができます。

デメリット:支払い方法がクレジットカードのみ

Audibleの新プランと旧プランで共通するデメリットは、支払い方法です。
現状、Audible非会員もAudible会員する際も、Amazonアカウントとクレジットカードかデビットカードの登録をしないといけません。
無料体験する際も、Amazonアカウントにクレジットカードかデビットカードの情報を登録しておく必要があります。

今のAudibleに1,500円払うのは高いか?

聴き放題に戻ったAudibleは、コイン制プランに不満を持っていた人には朗報といえるでしょう。
前述のようにAudibleの強みは、タレントや声優、ナレーターによる朗読の品質の高さ。1,500円(税込)で12万以上の作品が聴き放題になるのは魅力です。

Audibleをおすすめするポイントに「ながら作業に最適」と挙げる人もいますが、ながら作業に1,500円払うくらいなら、radikoなどの無料で使えるアプリでも十分だと思います。
実際、ながら作業にAudibleは最適かもしれません。ですが、本を1冊読みきれない、自己啓発に活用したいという活用方法をするのなら、ながら作業のおともにAudibleを使うのはアリです。

Audibleにあるもうひとつの強み、それはAudible独占タイトルがあること。筆者の場合、『本好きの下剋上』というラノベがAudible独占タイトルとして登場したことが、Audibleを継続して利用するようになったきっかけです。
オーディオブック版の『本好きの下剋上』は、Audible非会員なら3,500円。Audible会員ならコインを使って半額以下の1,500円で購入することができます。
『本好きの下剋上』は、主人公のマイン役である声優の井口裕香が全編朗読してくれます。
「毎月1,500円で好きな声優に朗読してもらえるなら安い」これがAudibleを継続する決め手となったわけです。
あくまでAudibleを利用するきっかけとなったひとつの例であり、Audibleを使う決め手は人それぞれなので、30日間の無料期間を利用していろいろなオーディオブックを聴いてみるのもありでしょう。
30日間の無料体験なら、期間中に解約をすれば料金は発生しません。

Amazon Audible:https://www.audible.co.jp/

旧プランでコインと交換したオーディオブックはどうなるのか?

左:旧プランでコインと交換済み作品のダウンロード
右:新プラン移行後に旧プランで交換したオーディオブックを再生

旧プランから新プランで移行で、気になることは旧プランでコインと交換したオーディオブックの取り扱いです。
Audibleの旧プランでコインと交換したオーディオブックは、新プラン移行後も引き続き聴くことができます。
また、Audible解約後もコインと交換済みのオーディオブックなら、ダウンロードと聴取が可能です。

Amazon Audible:https://www.audible.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました