格安SIM(MVNO)のマルチキャリアやトリプルキャリアとは?

格安SIMでよく聞くマルチキャリアやトリプルキャリアとは?

格安SIM(MVNO)について調べている時、「マルチキャリア」や「トリプルキャリア」という言葉を良く見かけると思います。
マルチキャリアやトリプルキャリアとは、ひとつの格安SIM(MVNO)事業者が複数の回線タイプに対応していることです。
たとえば、IIJmioだとドコモ回線とau回線に対応したマルチキャリア。mineoはドコモ・ソフトバンク・auにすべて対応するトリプルキャリアです。
今回は、格安SIM(MVNO)におけるマルチキャリアとトリプルキャリアについて詳しく解説。マルチキャリアとトリプルキャリアに関する、メリットや注意点についても紹介します。

マルチキャリアやトリプルキャリアなら回線が選べる

出典:mineo

前述のように、回線タイプを選べることがマルチキャリア・トリプルキャリアといいます。
回線タイプが選べるメリットは、今使っているスマホをそのまま使えること。たとえば、auで購入したスマホを使っている人は、使い慣れたスマホを格安SIMで利用が可能です。
2022年現在、IIJmioやmineo、BIGLOBEモバイルといった主要格安SIM(MVNO)事業者のほとんどは、マルチキャリア・トリプルキャリアに対応しています。
回線タイプによる月額料金の違いもなくなったため、マルチキャリアやトリプルキャリアに対応しているかどうかも、格安SIM(MVNO)事業者を選ぶポイントになりそうです。

マルチキャリアやトリプルキャリアの格安SIM(MVNO)事業者を選ぶメリットは?

マルチキャリアやトリプルキャリアに対応している格安SIM(MVNO)事業者は、ユーザーにとってメリットになることがほとんどです。
実際にどういうメリットがあるか詳しく解説していきます。

使い慣れたスマホをそのまま使える

マルチキャリアやトリプルキャリアに対応している格安SIM(MVNO)事業者なら、今使っているスマホをそのまま使うことができます。
所有しているスマホを使う場合、格安SIM(MVNO)事業者にて事前にSIMロック解除が必要な端末か確認しておきましょう。

ネット速度が安定している可能性が高い

マルチキャリアに対応している格安SIM(MVNO)事業者は、ネット速度が比較的安定していると言われています。
理由は、マルチキャリアに対応することで、格安SIM(MVNO)事業者が借りている回線の混雑が分散されるからです。
ドコモとau回線を提供している格安SIM(MVNO)事業者の場合、ドコモ回線を申込むユーザーが多いため、au回線は安定した通信に期待ができます。

家族で格安SIMへ簡単に1本化できる

あまり見かけないケースではありますが、家族でバラバラのキャリアを使っている場合、マルチキャリアに対応した格安SIM(MVNO)事業者で1本化することも可能です。
格安SIM(MVNO)事業者によって、2回線目から月額料金の割引を受けることができます。
なので、子供のスマホ代を両親が払っていてキャリアもバラバラといった場合、マルチキャリアの格安SIM(MVNO)事業者へ家族みんなで乗り換えると、毎月の月額料金を一気に下げることも可能です。

マルチキャリアやトリプルキャリアの注意点

マルチキャリアやトリプルキャリアを選んだとしても、大きなデメリットはありません。
ですが、マルチキャリアを選んだ際の注意点はいくつかあります。

マルチキャリアでも1枚のSIMで利用できるのは1回線まで

マルチキャリアやトリプルキャリアの格安SIM(MVNO)事業者では、ドコモやau、ソフトバンクの回線から選ぶことができます。
勘違いしやすいポイントとして、1枚のSIMカードで回線を切り替えることができると思うことです。
たとえば、最初にドコモタイプの回線を契約。届いたSIMカードではドコモ回線しか使うことができません。
もしもau回線を使いたいと思ったときは、契約変更が必要となるので、申込む際は本当にその回線タイプでよいのかよく検討しましょう。

料金が異なる場合がある

回線タイプによって、月額料金が異なることがあります。
2021年に格安SIM(MVNO)事業者それぞれが、新料金プランを発表。どの回線タイプを選んでも料金が統一されています。
事業者によっては料金が異なることもあるため、申込み前に確認が必要です。
料金が異なる理由としては、事業者が各キャリアに支払っている間借り料金が異なることが挙げられます。

まとめ

マルチキャリアやトリプル今使っているスマホをそのまま使いたいというかたにとって、マルチキャリアやトリプルキャリアに対応していると、格安SIM(MVNO)事業者を選ぶ幅が広がります。
格安SIM(MVNO)事業者のほとんどがドコモ回線を提供しているので、auやソフトバンクにも対応した格安SIM(MVNO)事業者を選ぶことでネット速度が比較的安定している可能性も高いです。
とくにソフトバンク回線に対応している格安SIM(MVNO)事業者は注目で、自宅で眠っているSIMロック解除ができなくなったiPhoneも再利用できるかもしれません。

マルチキャリア・トリプルキャリア対応、オススメ格安SIM(MVNO)事業者

最後にマルチキャリア・トリプルキャリアに対応したオススメの格安SIM(MVNO)事業者を紹介します。

トリプルキャリアに対応「mineo」(ドコモ・au・ソフトバンク)

ケイ・オプティコムが提供する格安SIM(MVNO)サービス「mineo」は、2018年9月4日よりソフトバンク回線の提供を開始し、トリプルキャリアに対応します。
ドコモとau、ソフトバンクから選べる貴重な格安SIM(MVNO)事業者なので、これから格安SIMを使いたいというかたには最適です。
さらに2021年からは新料金プランの提供も開始。新料金プランやキャンペーンの詳しい詳細は、mineo公式サイトをご確認ください。

mineo公式サイト:https://mineo.jp/

格安SIMの老舗、端末セットもおトクな「IIJmio(みおふぉん)」(ドコモ・au)

格安SIM(MVNO)の老舗「IIJmio(みおふぉん)」は、ドコモとau回線を提供するマルチキャリアに対応しています。
販売しているスマホは40機種以上と、取り扱い端末は格安SIM(MVNO)事業者でもナンバーワン。今まで使っているスマホを使ってもいいですし、新しいスマホと一緒に格安SIMをはじめるという人にも最適です。

IIJmio公式サイト:https://www.iijmio.jp/

タイトルとURLをコピーしました