マンガ・オーディオブック・ノベルが基本無料「ピッコマ」のシステムと使い方

マンガ・オーディオブック・ノベル充実したコンテンツが魅力。「ピッコマ」のシステムと使い方を解説。

「ピッコマ」は、マンガ・オーディオブック・ノベルが基本無料で読めるマンガアプリ。スマホで読みやすく工夫された、縦スクロール・フルカラーの「SMARTOON」作品を掲載していることも特徴です。
今回はスマホアプリ版「ピッコマ」のシステムについて解説していきます。

「ピッコマ」が無料で楽しめる仕組み

ピッコマは、「待てば¥0」と「¥0+(ゼロエンプラス)」の無料読めるシステムが用意されています。
作品ごとに「待てば¥0」は、1話読むと23時間後に別の話を読める仕組み。「待てば¥0」を使った話は72時間まで読み返すことが可能です。
「¥0+」は、毎日朝6時と夜18時の決まった時間にチャージされるシステム。最大6枚まで「¥0+」を保有することができ、「¥0+」対象作品に使うことができます。
「¥0+」の特徴は、対象作品なら保有している分をユーザーの好みに合わせて振り分けができること。たとえば、イッキ読みしたい作品に「¥0+」をまとめて使ったり、別々の作品に「¥0+」を使うといった使い方ができます。
「¥0+」については2021年11月にチャージされる枚数が増量されており、「待てば¥0」を合わせると、1日最大13話以上読むことが可能です。

フルカラー・縦読みが特徴の「SMARTOON」も特徴

「SMARTOON」は、フルカラー・縦読みが特徴のコンテンツ。「待てば¥0」と「¥0+」に対応しており、SMARTOON作品も無料で毎日読むことができます。
SMARTOON作品にはバッジがついており、アプリホーム画面の「SMARTOON」タブから作品を見つけることができます。

ノベル・オーディオブックまで楽しめる充実したコンテンツ

マンガ作品以外にノベル作品やオーディオブックも掲載。マンガだけではない充実したコンテンツが魅力的です。
ノベル作品やオーディオブックも、「待てば¥0」と「¥0+」で楽しむことができます。
オーディオブックを探すときは、虫眼鏡アイコンから「オーディオ」と入力して検索すると見つけやすいです。

チャージが待ちきれない時は課金が必要

チャージが待ちきれない時は、課金でコインを購入してレンタルやエピソード購入ができます。
レンタルには閲覧期限があり、購入には閲覧期限がありません。
レンタルができない作品もあるため、課金でコインを購入する前によく確認しておきましょう。
レンタルができない作品は、購入のみとなります。

「ピッコマ」アプリダウンロード

Google Play

  App Store  

タイトルとURLをコピーしました