楽天モバイル(MNO)を毎月1GBまでで抑えるための方法と注意点

楽天モバイルを毎月1GBまでで抑えて0円維持する方法と注意点。

楽天モバイルは、月間のデータ利用量が1GBまでなら月0円という「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ(ラクテン アンリミット シックス)」を2021年4月1日(木)よりスタートします。
毎月のデータ量を1GBまでに抑えると、スマホが実質タダで持てる魅力的なプランです。
そこで、実際に1GBまでで抑えられるかが気になるところだとおもいます。
今回は、楽天モバイルのデータ量を毎月1GBまでに抑える方法を解説。楽天モバイルのSIMカードを運用していくなかでの注意点も紹介していきます。

楽天モバイル公式サイト:https://mobile.rakuten.co.jp/

【注意】楽天モバイルのデータ量を毎月1GBまでに抑えることは難しい

楽天モバイルの月間データ利用量を1GBまでに抑えられるかどうかですが、毎月コンスタントに抑えることは難しいと思います。
過去「スマホの通信量は1GBじゃ足りない、1ヶ月間1GB生活をしてみた」でも、月間のデータ利用量を1GBまでに抑えてみました。
しかし、楽天モバイルでは同じ手法でのデータ利用の節約術は通用しません。

モバイルデータのオン・オフは通話機能に影響が出る

左:楽天モバイルのモバイルデータをオフにして電話発信
右:着信すると非通知扱いとなる

モバイルデータをオン・オフにすることで、必要な時に必要なだけネットを使うことができます。
常にネット接続をしている状態ではないので、無駄な通信量をカットすることが可能です。
しかし、楽天モバイルでモバイルデータをオフにすると、通話機能に影響が出てしまいます。
楽天モバイルで通話をする際は、「Rakuten Link」という電話アプリを使用。ネット接続が必須のアプリで、ネット接続をしていないと通話ができません。
Wi-Fi接続をすれば通話可能ですが、番号通知がされず、電話をかけた相手は非通知として着信をしてしまいます。
人によっては非通知拒否をしていることもあるので、モバイルデータのオン・オフを切り替える際は注意が必要です。

データ高速モードをオフにしても、データ利用量として加算

「my楽天モバイル」というユーティリティアプリを使って、データの利用状況や請求金額を確認することができ、データ高速モードのオン・オフ管理も可能です。
データ高速モードをオフにすると、高速データ容量を消費せずにネットを使うことができます。
格安SIMでよく使うデータ量の節約方法ですが、楽天モバイルの場合は注意が必要です。
データ高速モードのオフは、パートナー回線エリア(国内)5GBやパートナー回線エリア(海外)2GBの高速データ容量が消費されないことを意味します。
つまり、データ高速モードオフの状態で通信量が1GBを超えてしまうと、1,078円(税込)の月額料金が発生します。

楽天モバイルのデータ利用量を1GBまでに抑える方法

楽天モバイルは、モバイルデータのオン・オフを切り替えてデータ量を節約する方法が使えず、常時ネット接続が必須です。
1GBというデータ容量は、何かのはずみであっという間に超えてしまいます。
楽天モバイルを1GB以下で運用し続けるためには、無駄なデータ利用を防ぐ必要があります。

自宅ではWi-Fi接続が必須

自宅でのネットは、Wi-Fi接続で楽天モバイルのデータ利用量を増やさないようにしましょう。
Wi-Fi接続をしている際も、楽天モバイルのモバイルデータはオンの状態にしないと、通話機能が正常に使えません。

アプリの自動アップデートをオフにする

スマホにインストールしているアプリは、最新バージョンが配信されると自動的にアップデートされることがあります。
App StoreやGoogle Playから配信される自動アップデートをオフにすることで、通信量の節約が可能です。
外出先での思わぬアップデートによって、データ利用量を増やさないために、自動アップデートはオフにします。
また、出かける前にアプリのアップデートを確認し、Wi-Fi接続でアップデートをおこなっておきましょう。

外出先では通信量の多いアプリを使わない

外出先では、通信量の多いアプリを使わないようにしましょう。
たとえば、YouTubeなどの動画アプリ、Amazon MusicやSpotifyといった音楽ストリーミングサービスも、案外通信量が多いです。
音楽ストリーミングサービスは、あらかじめダウンロードしてオフラインでも聴ける状態にしておきたいところです。

外出先ではフリーWi-Fiスポットを活用

外出先でデータ量の多いアプリを使いたい場合、アプリのアップデートがどうしても必要になった場合は、カフェなどのフリーWi-Fiスポットを利用することも手です。
ただし、なりすましアクセスに気をつけ、個人情報のやり取りをしないなど、セキュリティに気をつけて利用しましょう。

1GBまで、0円維持にこだわらず、万が一超えてもいいと思えるデータ利用量を考えたい

楽天モバイルの1GBまで0円維持をするには、極論サブ回線として利用し、自宅にずっと置いておけばOKです。
楽天のSPU+1倍を目的で利用するという人もいるので、楽天モバイルの活用方法は人それぞれといえます。
メイン回線として利用を考える人は、1GBまで0円維持にこだわると、かなり窮屈な気分でネットを使ったりしないといけません。
とくに、普段から10GBといった大容量のデータを使っている人、5GB前後の中容量を使っている人が、いきなり1GBまでに抑えることは難しいと思います。
楽天モバイルは段階制の料金プランとなるので、どこまでのデータ利用量なら妥協できるか、あらかじめ決めておくといいでしょう。
たとえば3GBまでなら妥協し、3GBを超えるようなら他の格安SIM(MVNO)事業者への乗り換えもアリです。

楽天モバイル公式サイト:https://mobile.rakuten.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました