ソフトバンクの新料金プラン「SoftBank on LINE」とは?

Softbank on LINEとは?どんなサービス?LINEモバイルは今後どうなるかについてわかりやすく解説。

ソフトバンクが2021年3月に提供開始する「SoftBank on LINE(ソフトバンク オン ライン)」は、データ量20GB/月を月額2,980円で利用できるという新プラン。LINEモバイルを完全子会社化し、新ブランドとして展開する予定しています。
今回は、「SoftBank on LINEはどういった料金プランなのか」について解説していきます。

SoftBank on LINE特設ページ:https://www.softbank.jp/mobile/special/softbank-on-line/

SoftBank on LINEはオンライン専用プラン

SoftBankの発表によると、オンライン専用プランとしてSoftBank on LINE提供するとのこと。オンライン専用プランとは、申込みやサポートをインターネット(LINE・Web)で受付をするという意味です。
オンライン専用という仕組みは、MVNOや先日発表されたドコモのahamoと同様です。
「オンライン専用」というのは、あくまで申込みやサポートといった手続きに関することで、SoftBank on LINEのSIMカードを手にしたユーザーは、ネットと電話両方使えるので安心してください。

SoftBank on LINEのサービス内容と特徴

■SoftBank on LINE
・月額2,980円
・月間容量20GB
・5分以内の国内通話無料
・eSIM対応
・LINEアプリギガノーカウント

SoftBank on LINEのサービスをまとめと、低価格で20GBのデータ通信ができるプラン。5分間の無料国内通話が利用でき、LINEアプリの通信量がカットされます。
内容だけを見ると、ドコモのahamoを完全に意識したようなプランといってもいいでしょう。
ahamoとの大きな違いは、LINEアプリの通信量がカット(ギガノーカウント)されという点です。

LINEモバイルは新規受付停止に

格安SIM(MVNO)のLINEモバイルは、2021年3月以降の新規受付が停止されます。
LINEモバイルによると、LINEモバイルの既存ユーザーは、SoftBank on LINEがサービスインした後もそのままのプランを使えるとのこと。強制的にSoftBank on LINEへ移行するといったことはないそうです。
ただし、いつまで使い続けられるのかについては不明なので、今後の発表を待つことになりそうです。

LINEモバイル公式サイト:https://mobile.line.me/

タイトルとURLをコピーしました