格安SIM(MVNO)とのセットもOK、「OPPO A73」取扱い・販売店まとめ

「OPPO A73」がSIMカードとセットで買える、格安SIM(MVNO)事業者のまとめ。事業者選びのおすすめポイントも解説。

OPPO製Androidスマホ「OPPO A73」を取扱い・販売する格安SIM(MVNO)事業者についてまとめていきます。
OPPO A73は、有機ELディスプレイを採用し、eSIMにも対応していることが特徴のAndroidスマホ。Snapdragon662と4GBのRAMを組み合わせた、ミドルレンジクラスのスペックを持っています。
2万円~3万円台という手頃な価格なので、Androidスマホのエントリー機や格安SIMのセット購入にも最適な1台です。

*記事中の価格は特別記載がない限り税抜です

OPPO A73取扱い・販売 格安SIM(MVNO)事業者

事業者名OPPO A73価格
IIJmio一括:26,800円
分割:1,120円(24回)
OCNモバイルONE一括:13,000円
12/23までの特別価格
NifMo一括:27,800円
分割:初回2,710円
2回目以降1,091円
(計24回)
リンクスメイト一括:29,800円
LINEモバイル一括:23,800円
分割:991円~(24回)
*別途分割手数料要
イオンモバイル一括:27,800円
分割:税込1,274円(24回)
楽天モバイル12/1より取扱い開始

楽天モバイルは第4のキャリア。2020年12月1日(火)より取扱いを開始します。
価格は2020年11月30日(月)現在の価格です。

OPPO A73の最安値はOCNモバイルONE

「OPPO A37」格安SIMの最安値価格はOCNモバイルONEの13,000円。電話とネット、両方使える音声通話SIMと同時申込みが必須です。
2020年12月23日(水)までのセール価格となっており、MNP乗り換えでセール価格からさらに5,000円オフとなります。
最安値価格で購入するのなら、OCNモバイルONEを選ぶといいでしょう。

料金プラン月額料金
1GB1,180円~
3GB1,480円~
6GB1,980円~
10GB2,880円~
20GB4,400円~
30GB5,980円~
*音声通話SIMの月額料金です
*記載の料金は割引適用前の価格です
*OCN光を利用している人は毎月200円割引されます(別途申込要)

OCNモバイルONE公式サイト:https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html

SIMカードと買うならどこがおすすめ?

ここからは、格安SIMとOPPO A73を買うならどこがおすすめなのか、格安SIM(MVNO)事業者ごとの特徴を3社に絞って解説していきます。

eSIMを申込める「IIJmio」

IIJmioは、シンプルな料金プランが特徴の格安SIM(MVNO)サービスです。
フルMVNOであることを活かしたeSIMも提供。OPPO A73でも、eSIMを使うことができます。
eSIMはデータ通信のみに対応のため注意が必要。ひとまず音声通話SIMの申込みをして、データ量が足りないといったことがあれば、副回線としてeSIMを申込むといいでしょう。

料金プラン月額料金
1GB~(従量制)1,180円~
3GB1,600円~
6GB2,220円~
12GB3,260円~
*音声通話SIMの月額料金です
*記載の料金は割引適用前の価格です
*IIJmioではドコモ回線とau回線を提供、従量制プランはau回線のみ提供

IIJmio公式サイト:https://www.iijmio.jp/

データフリーが人気「LINEモバイル」

LINEモバイルは、特定のアプリで使用するデータ量をカットする「データフリー」が特徴的な格安SIM(MVNO)サービス。LINEをはじめ、TwitterやFacebookといったSNSもデータフリーの対象となります。
基本料金にデータフリーオプションをプラスし、選んだデータフリーオプションに応じて月額料金が上乗せされる仕組みです。
+0円で利用できる「LINEデータフリー」は、LINEアプリの通信量をカットしてくれる手軽なデータフリーオプションです。
「SNSデータフリー」は、月額280円プラスで、LINEとTwitter、Facebookの通信量をカット。普段、TwitterとFacebookの使いすぎで「ギガ」を買い足しているという人におすすめです。

LINEモバイルの月額基本料金は表の通り。3GB以上のプランでキャンペーンが適用されることも多く、音声通話SIMなら3GBプランが人気のようです。
LINEモバイルは、ドコモ回線とau回線、ソフトバンク回線を提供するトリプルキャリアに対応。eSIMは提供していませんが、OPPO A37申込み時に3キャリアの回線から選ぶことが可能です。
選ぶ回線については、とくにこだわりがなければドコモ回線を選ぶといいでしょう。

LINEモバイル公式サイト:https://mobile.line.me/

第4のキャリアとして大手を追随「楽天モバイル」

楽天モバイルは、ドコモやau、ソフトバンクに続く第4のキャリア。格安SIM(MVNO)は申込みできませんが、楽天の自社回線の申込みはできます。
料金は、「Rakuten UN-LIMIT V(ラクテンアンリミットファイブ)」と呼ばれる1プランのみ。月額料金は2,980円で、300万名を対象に1年間無料で利用が可能です。
無料対象となるユーザーに関しては、2020年11月30日現在、まだ上限に達していないようで、申込みをすれば1年間無料で利用することができます。
なお、スマホをセットで購入する場合、端末料金(スマホの本体代)は別途発生します。
申込みして利用開始することを条件とし、ポイント還元キャンペーンも実施していることもあります。
キャンペーンの詳細や申込み方法については、楽天モバイル公式サイトをご確認ください。

楽天モバイル公式サイト:https://mobile.rakuten.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました