Audibleにて、堤幸彦監督が手がける「アレク氏2120」配信開始

豪華声優、俳優をキャスティング。堤幸彦監督の「アレク氏2120」がAudibleにて配信開始。

AmazonのオーディオブックサービスAudible(オーディブル)にて、オリジナル作品の「アレク氏2120」の配信が開始しました。
本作は、「SPEC」や「ケイゾク」など、ヒット作品を生み出した堤幸彦監督が手がけるオーディオブック。キャストには、声優の山寺宏一さんや梶裕貴さん、三石琴乃さん、俳優の窪塚洋介さんらを起用しています。
配信話数は全12話で、まずは1~3話の配信がスタートしています。
Audible会員なら、追加料金不要で聴くことが可能。Audible会員に毎月1枚配られているコインを使用していても聴くことができます。
なお、Audible非会員でも6,000円(税込)で聴くことができます。

Amazon「Audible」公式サイト:https://www.amazon.co.jp/dp/B0784QQPVW

Audibleは、プロのナレーター・声優が人気書籍を朗読してくれる高品質なオーディオブックサービスです。
月額は1,500円(税込)で、毎月1枚配られるコインを使って、好きなオーディオブックを聴くことができます。
思った内容と違ったなど、客都合でも別のオーディオブックと交換できる返品制度も特徴的です。

Amazon「Audible」公式サイト:https://www.amazon.co.jp/dp/B0784QQPVW

AmazonのAudible(オーディブル)月額1500円は高い?価値があるのか解説
Amazonのオーディオブックサービス「Audible」の月額1,500円は高いのか?実際に使い続けてレビュー Audibleは、Amazonが提供する月額1,500円(税込)のオーディオブックサービスです。 気にはなるけど...
タイトルとURLをコピーしました