【Android】使いづらいTwitterをシンプルに、TLを集中して追える「Twidere」

Twitterのシンプルなタイムラインを取り戻す。Android向けTwitterクライアントアプリ「Twidere」を紹介。

Twitterは、2020年11月11日から、24時間で投稿が消える「フリート」の提供を開始しました。
Android/iOS版のTwitterクライアントを起動すると、最上部にユーザーにアイコンが表示され、投稿内容を閲覧できるという仕組みです。
Instagramの「Stories」と似たような機能ですが、ユーザーによってはTL(タイムライン)が追いづらくなったり、ディスプレイの小さいスマホならフリートが邪魔に感じてしまうことと思います。
今回は、シンプルにTLだけを追うことができるAndroid向けTwitterクライアント「Twidere for Twitter/Mastodon」を紹介します。

投稿時間順にTLを追うことができる

「Twidere for Twitter/Mastodon」は、良い意味で古めかしいUIが特徴。シンプルで、TLを時間順に追うことができます。
使い方は、いつも使っているTwitterアカウントでログインをするだけ。すぐにTLの閲覧ができます。
Twitter公式クライアントで、TLの時間が不規則であったり、ハイライトがトップに表示されたり、使いづらさを感じることがあります。
シンプルにTLを閲覧したい時に、本アプリを試してみるといいでしょう。

画像非表示でデータ量の節約ができる

初期設定では、画像つきツイートの画像は非表示となっており、設定で表示させることが可能です。
「設定」にて「メディアのプレビュー」をオンにすると、画像を表示させることができます。
非表示で使い続ける場合、ツイート内の「画像」や「動画」をタップすると表示させることができます。
画像つきツイートが好みじゃない、特定のユーザーが投稿する画像だけをピンポイントで見たいという場合、画像を非表示の状態でTLを追うといいでしょう。データ量の節約にもなります。

複数アカウントにも対応

プライベート用やビジネス用、情報収集用といったように、Twitterアカウントを使い分けている人もいるでしょう。
「アカウント」メニューにて、Twitterアカウントの追加ができ、各アカウントを切り替えながらTLの閲覧ができます。
追加したユーザーのスライダーバーをオンにすると、すべてのTLをまとめて閲覧するといったことも可能です。

充実のフィルター機能でTLを快適に

 

特定のユーザーを非表示にしたり、特定のキーワードを含むツイートを非表示にしたりと、フィルター機能が充実していることも特徴です。
Twidere for Twitter/Mastodon上だけで効果のあるフィルター機能なので、他のユーザーに他のツールを使って、フィルターをかけていることが知られる心配もなさそうです。

「Twidere for Twitter/Mastodon」アプリダウンロード

Google Play

タイトルとURLをコピーしました