「Musicolet」音楽の入れ方など、使い方を解説

自分でスマホに音楽を取り込みをして聴きたい人向けアプリ。無料で高機能な「Musicolet」を紹介。

「Musicolet」は、Android向けの音楽プレーヤーアプリです。
Android端末やmicroSDカードに音楽を保存して、オフラインでも聴くことができます。
Google Play Musicを音楽プレーヤーとして使ってた人にも、代替えとなるアプリとして最適。音楽プレーヤーアプリの入っていないSIMフリースマホでも使える便利なアプリとなっています。

Musicoletに音楽を入れる方法

Android端末のフォルダ一覧
音楽を入れるためのMusicフォルダを作成

Musicoletに音楽を入れるには、Android端末とPCを接続。PCに保存している音楽ファイルをAndroid端末に転送することがもっとも手っ取り早いです。
Musicoletだけでなく、他の音楽プレーヤーアプリでも、音楽は同様の方法で入れます。
音楽ファイルを転送するポイントは、Android端末とmicroSD側に音楽専用フォルダを作っておくこと。今回の場合、Android端末のストレージとmicroSDカード両方に「Music」という名前のフォルダを作って、音楽ファイルを保存していきます。

Musicoletで音楽を入れたフォルダをスキャン

Musicoletを使って、音楽を入れたフォルダをスキャンし、音楽を聴ける状態にします。
スキャンする場所は、先ほど作ったMusicフォルダを指定。スマホ内のフォルダ全体をスキャンしてしまうと、他のアプリで使っている音楽ファイルまで取り込みをしてしまうことがあります。
PCからAndroid端末に転送した音楽ファイルが、Musicoletで認識し、再生できる状態になれば準備OKです。

アルバムリピートやシャッフルもできる

再生画面は、再生や早送り・巻き戻し、曲送りなど、必要な機能は揃っています。
アルバム内の曲を再生すると、キューに入れられ、キューをリピートすることで、アルバムリピートが可能です。
キューは、アルバムの曲を再生する度に作成され、最大20個作成。順番を入れ替えて、アルバム単位のプレイリストを作成することもできます。

曲情報の編集機能が便利

使っていて便利と思えたのは、楽曲情報の編集機能です。
アルバムタイトルやアーティスト名を一括で変更することができます。
PCで自動取得したアルバム情報が間違っていたりする際に便利です。
ファイルマネージャーアプリ、PCに再接続しないで編集できるのは、作業性が格段にアップするといえるでしょう。

ウィジェット機能も利用できる

ウィジェットは3種類から利用することができます。
コンパクトなプレーヤー、再生リストつきプレーヤーをホーム画面に配置することができます。
再生リストつきのプレーヤーは、ホーム画面上で別の曲に切り替えることが可能です。

「Musicolet」アプリダウンロード

Google Play

タイトルとURLをコピーしました