【2020年版】Twitterのブロックとミュートの違いを解説

Twitterでブロックするどうなるのか、相手にバレるのか。ミュートをしたらどうなるのか。ブロックとミュートの違いについて解説。

Twitterで不快なユーザーやツイートを見ない方法に、ブロックとミュートという機能があります。
ブロックとミュートには明確な違いがあり、使い分けることで快適にTwitterを利用することができるでしょう。
今回は、Twitterのブロックとミュートの違いについて解説していきます。

Twitterでブロックされた、ブロックした場合どうなる

ブロックされたブロックした
ツイート閲覧*不可*可能
DM送信不可不可
リプライ不可可能
リツイート不可可能
いいね不可可能

ブロックについては、相手を拒絶するTwitterでもっとも強力な方法です。
ブロックをした場合、ブロックした相手にブロックをした旨の通知はされませんが、相手がブロックに気づく可能性があります。
ブロックをするとフォローが強制的に外れてしまうので、ユーザーによってはフォローの増減で気づきます。
また、サードパーティー製のツールを使うことでもブロックをした・ブロックをされたことを知ることが可能です。

ツイートの閲覧についてですが、ブロックされた側は、相手のツイートを閲覧できません。
しかし相手が非公開アカウント(鍵垢)でない場合、ログアウトするか、別のTwitterアカウントを利用することで、ツイートの閲覧は可能です。
ブロックした側は、相互ブロックでない場合、ツイートを閲覧することができます。
ブロックした相手が非公開アカウントの場合、フォローが外れるのでツイートを閲覧することはできません。
ブロックした相手が非公開アカウントではない場合、ツイートを閲覧できることからリプライやリツイート、いいねが可能です。

Twitterをミュートされた、ミュートした場合どうなる

ミュートされたミュートした
つぶやき閲覧可能可能
DM送信可能可能
リプライ可能可能
リツイート可能可能

まずミュートをした側ですが、ミュートした相手のツイートがTL(タイムライン)に流れることはありません。
さらに、ミュートをした相手がするリツイートや引用リツイート、いいねもTLに流れてくることはありません。
つまりミュートは、ミュートをした相手のツイートやリツイートといった行動がまったくわからないというわけです。
「ブロックをするほどではないけどTLに流れてきてほしくない」、「ブロックをしてしまうと気まずい」、そんな時にミュートを活用するといいでしょう。
ミュートした相手のユーザーページに直接アクセスすると、ツイートやいいねなど、閲覧することができます。
ミュートをした場合でも、ミュートをした相手にはこちら側のツイートがタイムラインに流れるので、いいねされた場合やリプライが送ることが可能。通知もこちら側に届くので見逃すことはありません。

ブロックとミュートの使い分け

先述したとおり、Twitterにおけるブロックは、相手を拒絶するもっとも強力な方法。一方、ミュートは相手との関わりを表面的に拒絶する方法です。
使い分けの例は、あまりにも失礼な内容のツイートやリプライを送ってくる相手はブロックを。相互フォローしているだけの間柄など、どうしてもフォローを外したりブロックができない場合は、ミュートをするといいでしょう。

『Twitter』ダウンロード

Google Play

  App Store  

タイトルとURLをコピーしました