AmazonのAudible(オーディブル)月額1500円は高い?価値があるのか解説

Amazonのオーディオブックサービス「Audible」の月額1,500円は高いのか?実際に使い続けてレビュー

Audibleは、Amazonが提供する月額1,500円(税込)のオーディオブックサービスです。
気にはなるけど「月額1,500円」という料金にためらってしまう人が多いと思います。
月額1,500円なら、動画配信サービスの見放題や電子書籍サービスの読み放題を利用してもお釣りがきそうです。
実際、Audibleの1,500円に価値があるかどうかは、使う人次第といったところです。
今回は、価格が気になってAudibleに手を出せない人へ向けて、Audibleに価値があるのか解説していきます。

Amazon Audible:https://www.audible.co.jp/

Audibleはどんな人におすすめなのか

・英語などの勉強に活用したい人
・自己啓発に活用したい人
・本を1冊なかなか読みきれない人
・好きな声優、俳優、ナレーターの朗読が聴きたい人
海外では、Audibleをはじめとするオーディオブックが、自己啓発などに活用されて人気があります。日本でも、英語の勉強やビジネス書を聴いて自己啓発に活用できそうです。
読書はしたいけど、本を1冊読みきれないという人にもAudibleはおすすめ。聴いてみたオーディオブックが「思っていた内容と違う」と感じた場合、返却して別のオーディオブックに交換することもできるからです。紙の本だと、購入してしまうと内容が微妙でも返品や交換はしづらいのですが、Audibleだと気軽に返品と交換ができます。

Audibleのコイン、返品・交換の仕組み

・毎月コイン1枚プレゼント
・プレゼントされたコインで好きなオーディオブックを購入
・気に入らなければ返品、交換ができる
・返品しなかったオーディオブックは解約後も聴ける

Audibleは月額1,500円で、毎月1枚コインがプレゼントされます。
もらったコインは6ヶ月間有効。コインを使って好きなオーディオブックを購入することができます。
コインはどのオーディオブックにでも使うことができるので、1枚1,500円のコインということは、1,500円以上するオーディオブックの購入に使うほうがおトクです。
2冊目以降は、Audible会員なら30%オフで購入することができます。

アカウント→購入履歴(返品)→返品する作品を選択

もしも、コインを使って購入したオーディオブックが気に入らなかった場合は、購入後365日以内なら返品して他のオーディオブックと交換することができます。
返品とは、購入したオーディオブックをもう一度コインに変えることです。
オーディオブックの特性上、朗読する声優やナレーターの声が合わなかったり、内容が思っていたものと違っていたということはよくあります。
決して安い買い物ではないので、やはり納得のできる1冊に出会いたいもの。Audibleなら返品・交換がスムーズに可能です。
ちなみに、返品と交換には回数制限があり、何回まで返品できるのかは発表されていません。
返品の回数が頻繁だと、返品ができなくなりAudibleのカスタマーサポートに連絡する必要があります。
筆者も月に数回は返品していますが、返品できないといったことは今のところありません。
短期間に何十回も返品と交換を繰り返さなければ大丈夫だと思います。

以前は返品したオーディオブックでもしばらく聴けたようですが、現在は返品後すぐにAudibleのライブラリ内から返品したオーディオブックは削除されてしまいます。
返品しなかったオーディオブックは、Audible解約後もAudibleのアプリで聴くことが可能です。

今のAudibleに1,500円払うのは高いか?

以前のAudibleは、月額制で聴き放題(読み放題)というシステムでした。
現在は海外と同じコイン制となり、筆者も聴き放題じゃないAudibleには魅力を感じなかったというのが本音です。
Audibleの強みは、タレントや声優、ナレーターによる朗読の品質の高さ。コイン制ながら気に入らなかったオーディオブックは返品して交換できることです。
おすすめポイントに「ながら作業に最適」と、挙げる人もいますが、ながら作業に1,500円払うくらいなら、radikoなどの無料で使えるアプリでも十分ではないでしょうか。
実際、ながら作業にAudibleは最適かもしれません。ですが、本を1冊読みきれない、自己啓発に活用したいという活用方法をするのなら、ながら作業のおともにAudibleを使うのはアリです。

Audibleにあるもうひとつの強み、それはAudible独占タイトルがあること。筆者の場合、『本好きの下剋上』というラノベがAudible独占タイトルとして登場したことが、Audibleを継続して利用するようになったきっかけです。
オーディオブック版の『本好きの下剋上』は、Audible非会員なら3,500円。Audible会員ならコインを使って半額以下の1,500円で購入することができます。
『本好きの下剋上』は、主人公のマイン役である声優の井口裕香が全編朗読してくれます。
「井口裕香の朗読に1,500円なら安い、井口裕香の朗読を聴きながら夜寝れるなら1,500円は安い」これがAudibleを継続する決め手となったわけです。
あくまで1,500円を支払うひとつの例であり、Audibleを使う決め手は人それぞれなので、30日間の無料期間を利用していろいろなオーディオブックを聴いてみるのもありでしょう。
もちろん、無料体験中でも返品・交換は可能。無料体験中での解約をすれば料金は発生しません。

Audibleのデメリット

Audibleのデメリットは、支払い方法です。
現状、Audible非会員もAudible会員する際も、Amazonアカウントとクレジットカードの登録をしないといけません。
無料体験する際も、Amazonアカウントにクレジットカードの情報を登録しておく必要があります。

Amazon Audible:https://www.audible.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました