楽天モバイル自社回線の物理SIMをiPhoneで使えるのか?

楽天モバイル(自社回線)の物理SIMをiPhoneで使った時の動作を検証。

楽天モバイルの自社回線(MNO)は、サービスを開始した2020年4月8日(水)時点では、iPhoneには対応していません。
eSIMに対応するiPhone XS以降の機種なら、楽天モバイルのeSIMで使えることを公式サイトにて掲載されていますが、動作保証外となっています。
eSIMを申し込めば楽天モバイルの自社回線が使えますが、物理SIMはどうなのでしょうか。
結論から言うと、物理SIMでも楽天モバイルの自社回線を制限つきで利用は可能です。
制限つきというのがポイントで、さらに言うならすべてのiPhoneで使えるというわけではありません。
今回は、楽天モバイル自社回線の物理SIMカードを使って、iPhoneがどこまで使えるのか確認していきます。

楽天モバイル公式サイト:https://mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイル(自社回線)の物理SIMをiPhoneで使ってできること、できないこと

楽天モバイル(自社回線)の物理SIMをiPhoneで使うと、どういったことができるかについてまとめます。
今回使用したiPhoneは、iPhone XS(SIMフリー版)です。

■できること
・インターネット
・電話(Rakuten Linkを使った無料通話は不可)
・SMS(Rakuten Linkにてアクティベートが必要?)

■できないこと
・Rakuten Linkアプリを使っての無料通話
・テザリング

今回は、楽天モバイル(自社回線)に対応するAndroidスマホを使って、アクティベートを行っています。
おそらく、アクティベートを行わないとSMSが使えない可能性があります。
アクティベートに必要なRakuten Linkアプリが、今後iPhoneに対応すれば、無料通話などが使えるようになるでしょう。
テザリングに関しては、今回検証に使用したiPhone XSとiPhone 7ではどちらも利用できませんでした。
一部、物理SIMでもできるiPhoneがあるようですが、いずれにしても動作保証外なので、最低限ネットと電話が使える程度と思っておいたほうがいいでしょう。

楽天モバイル(自社回線)の物理SIMをiPhoneで使えるようにする方法

iPhoneに、楽天モバイル(自社回線)のSIMカードを挿します。
ネットワーク検索がはじまり、自動で通信事業者名が表示されるはずです。
楽天モバイル(自社回線)は、APN設定不要で利用ができます。

通信事業者名に「Rakuten」と表示されたら、ブラウザでWebサイトを閲覧してみましょう。
今回検証したiPhone XSでは、ブラウザを起動してもWebサイトの閲覧ができず、残っていた楽天モバイル(MVNO)のAPN設定を削除すると、ネットが使えるようになりました。

APN設定を削除しても、ネットに繋がらない場合の設定方法を解説します。
「設定メニュー」→「モバイル通信」→「通信のオプション」→「音声通話とデータ」の順に操作。「LTE,VoLTEオン」にチェックを入れます。

楽天モバイル(自社回線)の物理SIMをiPhoneで使った際の動作確認

ここからは、楽天モバイル(自社回線)の物理SIMをiPhoneで使ったら、どういう動作をするのか確認していきます。

インターネット

インターネットについてはとくに問題ありません。
回線速度も19.5Mbpsとまずまず。もともと楽天モバイル(MVNO)の速度に不満があったので、自社回線でこれだけ出れば妥協してもいいでしょう。

電話

電話もとくに問題ありません。
ただし、iPhoneを使ってかける場合、デフォルトのダイヤルアプリから発信するので通話料は発生します。

SMS

SMSの受信もOKです。
iPhone側からSMS送信も問題ありませんでした。
ただし、SMSを使う前にAndroidスマホでRakuten Linkにてアクティベートを実施しています。
SMSが使えないということもあるそうですが、事前にRakuten Linkにてアクティベートをすれば使えるようになるはずです。

まとめ:今のところ実用性はあまりない

今回は、楽天モバイル(自社回線)の物理SIMをiPhoneで使ってみました。
自己責任のもと、実験に使う分にはいいのですが、実用性はあまりないと思います。
強みともいえるRakuten Linkを使った無料通話ができないこと、テザリングができないなど、制限は多めです。
使用するiPhoneによっては正しく動作しないこともあるようなので、最初からiPhoneで使うつもりで楽天モバイルの申込みはオススメできません。
iPhoneで使うのなら、対応するAndroidスマホとのセットで購入・申込みしたほうがいいでしょう。
iPhoneのシェア率を考えると、楽天モバイルもiPhoneユーザーを無視できないと思います。

楽天モバイル公式サイト:https://mobile.rakuten.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました