アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュースや格安SIM・格安スマホの最新情報、キャンペーン情報をお届けします。動画サイトなどエンタメ情報も。

Apprise

Android 格安SIM

【2020年春版】格安SIMとセットで買えるオススメAndroidスマホまとめ

投稿日:

2020年春に買うならコレ。格安SIMとセットで買えるオススメのAndroidスマホを紹介。

格安SIM(MVNO)事業者では、SIMカードの契約だけでなくSIMフリーのスマホをセットで購入することができます。
セット購入のメリットは、Amazonや楽天といったECサイトより安く購入ができることです。
また、購入するスマホによってはAPN設定がほぼ必要なく、SIMカードを挿すだけですぐに使うことが可能です。
とくにAndroidスマホは機種数が多く、はじめてAndroidスマホを購入する方にとってはどの機種を購入しようか迷ってしまうのではないでしょうか。
今回は、2020年春に格安SIMとセットで購入するならどのAndroidスマホがオススメなのかを解説していきます。
*記事中の価格は特別記載がない限り税抜です。
*分割払いの場合、事業者によって別途手数料が発生することがあります。

はじめてのAndroidスマホでも安心、鉄板のAQUOSスマホ「AQUOS sense 3」

「AQUOS sense 3」は、Androidスマホがはじめてという方に人気の機種です。
AQUOSスマホは大手キャリアでも取扱いをしており、ショップスタッフも迷っている人にオススメしやすい機種となっています。
AQUOS sense 3の特徴は、防水・防塵、おサイフケータイといった日本ユーザー向けの機能が充実しているところです。
カメラはAQUOSスマホ初となるデュアルレンズを背面カメラに搭載。AI撮影にも対応し、近年のスマホトレンドも追っています。
手の出しやすい3万円前後の価格帯も魅力的なポイントです。
なお、ワンセグ/フルセグ機能は非搭載。地上波のテレビを見ることはできません。

■AQUOS sense 3オススメポイント
・防水・防塵に対応、おサイフケータイ搭載
・IGZOディスプレイの鮮やかな発色が見やすい
・大容量4,000mAhのバッテリーを搭載
・AI対応ツインカメラ搭載

AQUOS sense 3取扱い格安SIM(MVNO)事業者

AQUOS sense 3取扱い(MVNO)事業者
事業者名価格
OCNモバイルONE一括:23,100円
IIJmio(みおふぉん)一括:29,800円
分割:1,250円(24回)
UQモバイル一括:23,760円
分割:990円(24回)
LINEモバイル一括:35,800円
分割:1,590円(24回)
BIGLOBEモバイル分割:1,500円(24回)
(支払総額36,000円)
mineo一括:36,000円
分割:1,500円(24回)

販売事業者解説

AQUOS sense 3の最安値はNTTグループのOCNモバイルONE。これから紹介する他の機種も最安値で販売している事業者となります。
OCNモバイルONEのセールを狙うと、さらに安く購入することが可能で、MNP申込みなら3,000円オフといった割引を適用することも可能です。
ネットを利用する際の通信速度を重視するのであればUQモバイルも選択に入れてもいいでしょう。
UQモバイルはauのサブブランドという立ち位置で、厳密に言えば格安SIM(MVNO)ではありませんが、大手キャリアと格安SIM(MVNO)の中間と考えるといいでしょう。
月額料金も大手キャリアと格安SIM(MVNO)の中間といったところなので、使う人によっては劇的な節約にならないといったことがあります。

情勢の影響にも負けず人気のある「HUAWEI P30 lite」

HUAWEI P30 lite

2019年に注目機種だったものの、情勢の影響や販売延期などが重なってしまった「HUAWEI P30 lite」。発売をしてみれば人気は変わらず、待ち望んでいたユーザーが多かった機種といえます。
HUAWEI P30 liteの特徴は、安価で購入できる格安スマホという位置づけの機種ながら、安定した動作とトリプルカメラの搭載が挙げられます。
前モデルHUAWEI P20 liteの弱点であったWi-Fiが11acの高速無線LANに対応し、USBポートもUSB 2.0 Type-Cに変更したことで急速充電にも対応。HUAWEI P20 liteの正統後継機といえるでしょう。
気になることといえば、GoogleマップやGmail、Google PlayといったGoogleアプリが使えるかです。
HUAWEI P30 liteは規制前の機種ということで、Googleアプリも問題なく利用可能です。
米国の規制が続けば、Googleアプリが使えるHUAWEI Pシリーズ最後の機種となるので、この機会に触ってみるのもアリだと思います。

■HUAWEI P30 lite オススメポイント
・LINEやSNS、ちょっとしたゲームも十分楽しめる
・トリプルレンズカメラ搭載
・USB Type-Cポート搭載
・11acの高速無線LAN対応

HUAWEI P30 lite取扱い格安SIM(MVNO)事業者

事業者HUAWEI P30 lite価格
Y!mobile一括:39,420円
分割:頭金540円、16,240円(24回)
UQモバイル一括:31,644円(税込)
分割:初回1,836円
2回目以降1,296円(23回)
NifMo一括:31,112円
分割:1,297円(24回)
エキサイトモバイル一括:29,800円
分割:初回1,257円
2回目以降1,241円(23回)
IIJmio(みおふぉん)一括:29,800円
分割:1,250円(24回)
イオンモバイル一括:32,800円
分割:1,476円(24回)
OCNモバイルONE一括:12,800円
mineo一括:32,400円
分割:1,350円(24回)

販売事業者解説

端末価格はOCNモバイルONEが最安値。その他の格安SIM(MVNO)事業者は横ばいといったところです。
キャンペーンを適用しない価格なので、端末の値引きキャンペーンをしている格安SIM(MVNO)事業者で2万円を切る価格で購入できる可能性が高くなります。
春になるとキャンペーンの実施に期待が持てるので、IIJmioやmineoあたりを2月下旬~3月上旬チェックするとでしょう。

格安スマホでも、おサイフケータイと防水に対応「OPPO Reno A」

「OPPO Reno A」は、アジアのスマホブランドOPPOが発売したミドルレンジスマホ。おサイフケータイと防水/防塵に対応していることが魅力の機種です。
中華スマホや格安スマホと呼ばれる機種は、おサイフケータイや防水/防塵といった日本ユーザー向けの機能を搭載していないこともしばしば。OPPO Reno Aは安価ながらおサイフケータイと防水/防塵に対応しています。
価格は2万円台後半~3万円台後半。格安スマホながら有機ELディスプレイを採用し、スペック面も優秀でCPUにSnapdragon710と6GBのRAMを組み合わせています。ストレージは64GBを搭載し、256GBまでのMicroSDカードをサポートしているのも嬉しいポイントです。
インターフェースも十分で、充電ポートはUSB Type-C、Wi-Fiは11acに対応しています。

■OPPO Reno Aオススメポイント
・格安スマホながら有機ELディスプレイ搭載
・おサイフケータイ、防水/防塵に対応
・ハイエンドに近いスペック
・USB Type-Cポート搭載、Wi-Fi11acに対応

OPPO Reno A取扱い格安SIM(MVNO)事業者

格安SIM事業者OPPO Reno A価格
楽天モバイル
128GBモデルのみ取扱い
一括:35,273円
分割:1,616円(税込)(24回)
*初回のみ1,632円(税込)
IIJmio(みおふぉん)一括:34,800円
分割:1,500円(24回)
OCNモバイルONE一括:27,000円
NifMo一括:35,800円
分割:1,455円(24回)
*初回のみ2,346円
エキサイトモバイル一括:32,800円
分割:1,366円(24回)
*初回のみ1,382円
リンクスメイト一括:34,000円
分割:1,700円(24回)
LINEモバイル一括:35,800円
分割:1,590円(24回)

販売事業者解説

OPPO製スマホも、主要格安SIM(MVNO)事業者で取扱いをするようになりました。
OPPO Reno Aはストレージ64GBモデルが主流となっており、楽天モバイルのみ128GBモデルを取扱いしています。
ハイエンドクラスに近いスマホなので、通信速度が安定している格安SIM(MVNO)事業者を選ぶようにすることがポイント。たとえば、LINEモバイルのSoftbank回線やOCNモバイルONE、IIJmioあたりを検討してもいいでしょう。

大容量バッテリーが魅力「ZenFone Max Pro(M2)」

ASUSの「ZenFone Max Pro(M2)」は、5,000mAhの大容量バッテリーが魅力。余計なプリインストールアプリをなくし、ストレージ容量を無駄にしないピュアAndroidもポイントです。
SIMスロット2枚、MicroSDカード1枚を別々に搭載できるトリプルスロットが特徴で、1,200画素+500万画素のデュアルレンズを背面のメインカメラに採用しています。
注意点としては、USBポートがMicro USBであること。Wi-Fiが11b/g/nのみに対応しており、11acには対応していません。

■ZenFone Max Pro(M2)オススメポイント
・5,000mAhの大容量バッテリー搭載
・1,200画素+500万画素のデュアルレンズカメラ搭載
・トリプルスロットトレイ搭載(nanoSIM×2、MicroSD×1)

ZenFone Max Pro(M2)取扱い格安SIM(MVNO)事業者

格安SIM事業者Zen Fone MAX Pro(M2)
IIJmio一括:32,800円
分割:1,380円
OCNモバイルONE一括:24,800円
3/28まで一括12,800円
エキサイトモバイル一括:33,900円
分割:初回1,424円
2回目以降1,412円(計24回)
*分割は別途手数料要
リンクスメイト一括:35,500円
分割:1,775円(24回)

販売事業者解説

トリプルスロットを搭載した貴重なAndroidスマホですが、格安SIM(MVNO)事業者での取扱いが少なめです。
ASUSのフラグシップスマホとなる「ZenFone 6」なら取扱いしている格安SIM(MVNO)事業者は多くなります。
現状、販売している格安SIM(MVNO)事業者ならどこを選んでも良さそうというのが本音。大手格安SIMという安心感で、NTTグループのOCNモバイルONEやIIJmioあたりを選べば間違いはないでしょう。

関連記事

-Android, 格安SIM

Copyright© Apprise , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.