【格安SIM】LINEモバイル、新プランを2020年2月19日からスタート。3GBプランを業界最安値に

格安SIMのLINEモバイルが新料金を発表。3GBの音声通話SIMが業界最安値に。月額料金データフリー対象アプリを選べる仕組みへ。

格安SIMのLINEモバイルは、新料金プランを発表。データ量が3GB使える音声通話SIMを、業界最安値で使えることをアピールしました。
新料金プランの特徴は、SIMタイプとデータ量を選択し、必要に応じてデータフリーオプション(カウントフリー)を選べることです。
これまでのLINEモバイルでは、コミュニケーションフリープランを選択すると、LINEやTwitter、Facebook、Instagramがデータ量から除外されるというものでした。
新しい料金プランの提供で大きく変わる点は、データフリーオプションで必要なアプリが選択をできること。たとえば、TwitterやFacebookをあまり使わないという方は、LINEだけ追加料金なしでデータフリーオプションの選択ができます。
逆にこれまで通り、LINEとSNSもデータフリーオプションで使い放題にしたい場合、月額に280円プラスしてSNSデータフリーを選択すればいいわけです。
注意点としては、月額280円プラスするSNSデータフリーは、LINEとTwitter、Facebook、3つのアプリがデータフリー対象になるということ。Instagramはデータフリー対象外となります。
月額480円のSNS音楽データフリーを追加すれば、LINEやTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC、5つのアプリがデータフリー対象となります。

LINEモバイル:https://mobile.line.me/

これからのLINEモバイルでの月額料金の選び方

ここからは、新料金プランがスタートした場合のLINEモバイルでの料金プランの選び方を確認していきましょう。
まず、契約者が選ぶのはSIMタイプ。ネットだけが使えるデータSIM(SMS)と、ネットと電話の両方が使える音声通話SIMのいずれかを選択します。
今回は、音声通話SIMを選ぶとしましょう。次に選ぶのはデータ量で、最安値としてアピールしている3GBを選択します。

重要な選択はここから。カウントフリーオプションをつけるかどうかです。
基本的にはLINEデータフリーを選択しておけば間違いはないでしょう。
必要に応じてSNSデータフリーか、SNS音楽データフリーを検討したほうがいいかもしれません。

・音声通話SIM(3GB)+LINEデータフリー・・・月額1,480円~
・音声通話SIM(3GB)+SNSデータフリー・・・月額1,760円~
・音声通話SIM(3GB)+SNS音楽データフリー・・・月額1,960円~

まとめ

今回はLINEモバイルの新料金プランについて解説してきました。
これまでとの違いは、契約者側に選択する幅が広がったこと。別の言い方をすると、シンプルさがなくなりました。
ですが、不要なオプションが自動でついてくるよりも、必要なオプションだけを申し込んで月額料金を下げるほうがユーザーにとっては嬉しいことではないでしょうか。
格安SIM(MVNO)事業者は他にもたくさんあり、ユーザーは慎重に選ばないといけません。
今回の例を参考に、自身が本当に必要なオプションは何か検討してみましょう。

LINEモバイル:https://mobile.line.me/

タイトルとURLをコピーしました