評判のイオシスで販売している中古iPhoneってどうなの?Cランクは買っても大丈夫?

中古iPhoneのCランク品って本当に大丈夫?実際に購入してキズや動作状態をチェック

「iPhoneも使ってみたい」というAndroidユーザーにとって、気になることといえばiPhoneの端末価格です。
最新のiPhoneは新品だと10万円近い価格で、なかなか購入に踏み切ることができないと思います。
なるべく端末価格を抑えたいのなら、中古iPhoneの購入も選択肢のひとつです。
中古iPhoneといえば、本体の傷や画面割れが気になるところ。正直、神経質の方には向いてはいません。
ですが、多少の傷は気にならないという方にとっては、中古iPhoneなら安くiPhoneを手に入れることが可能です。
今回は、中古iPhoneについて、購入時の注意点やポイントを解説していきます。

中古iPhoneはどこで買えばいい?

今回、購入する際に利用したのは、中古iPhoneや中古Androidスマホの在庫が豊富なイオシスです。
イオシスは、ネットショップはもちろん、東京・大阪・名古屋に実店舗を構える中古スマホ販売の大手です。
中古iPhoneは、iPhoneのモデルと中古ランクによって価格が大きく変わってきます。

イオシス公式サイト:http://iosys.co.jp/

イオシス以外にも、ムスビーやゲオなどでも中古iPhoneを販売しています。
最近では、IIJmioといった格安SIM(MVNO)事業者でも、SIMカードとセットで中古iPhoneを販売するようになりました。
IIJmioに関しては、中古ランクAの美品だけを取扱いしています。

IIJmio公式サイト:https://www.iijmio.jp/
ムスビー公式サイト:https://www.musbi.net/

中古スマホ・中古iPhoneの中古ランクとは

中古ランクとは、中古Androidスマホ・中古iPhone本体の状態をいいます。
おおまかにA、B、Cとランクづけされており、Dランクやジャンクといったものもあります。
Dランクは酷く画面割れしたものが多く、ジャンクは動作保証もないので、はじめて中古iPhoneを購入する方にはおすすめしません。

Aランク・・・目立つキズや使用感がほとんどなし
Bランク・・・目立つキズは少なめ、経年による使用感がある
Cランク・・・画面や本体に目立つ傷があり、画面割れや経年による使用感がある

すべてのランクに共通することは、iPhone本体に何らかのキズがあることです。
とくに、BランクとCランクにはかなり本体のキズに差があるとされています。
実際のところ、Cランクでも「Bランクに近いCランク」、「Dランクに近いCランク」というものがあり、できれば実店舗でiPhoneの状態を実際に見てから購入を検討したいところです。

中古iPhone購入時の注意点

ここからは中古iPhoneを購入する際に覚えておきたい注意点を紹介していきます。

付属品はナシ、本体のみの購入となる

中古iPhoneは、基本的に本体のみの購入となります。
SIMピン(イジェクトピン)や充電アダプタ、Lightningケーブルの3点は初期設定に必須なので、付属していなかったり持っていなければ購入しておきましょう。
IIJmioで販売している中古iPhoneには、独自の化粧箱に本体が入っています。
未使用品の中古といった場合には、付属品がすべて揃っていることもあります。購入時にしっかり確認するようにしましょう。

SIMピンについては、つまようじや安全ピンでも代用することができます。
故障やキズをさらにつけてしまう恐れもあり、あくまでも応急処置的な扱いなので、できれば専用のSIMピンを使いたいところです。

思っていたものと違うことがある

ネットショップで購入すると、「思っていたよりiPhone本体にキズがついていた」ということがよくあります。
実店舗での購入だと、展示品を実際に自身の目で確認して購入することが可能です。
どうしてもキズが気になるのなら、実店舗で購入したほうがいいでしょう。

バッテリーの状態がわからない

中古iPhoneは、バッテリーの状態が公開されていません。
バッテリーの状態に関しては、購入してから自身で確認する必要があります。
実店舗でも、初期化して販売していることが多いので、バッテリー状態の確認は難しいです。
バッテリーの状態については、ネットショップと実店舗ともにお祈りするしかありません。

中古iPhoneのCランク品を購入して状態や動作をチェック

今回、実際に中古iPhoneを購入したのはイオシスです。
もっとも見た目が悪く、かわりに価格が安いCランク品を購入してみました。

イオシス公式サイト:http://iosys.co.jp/

中古iPhoneのCランク品、外見は大丈夫か

購入したのは、SIMフリー版iPhone7のCランク品です。
付属品なしで、本体のみとなります。
使用時にもっとも目にするディスプレイ部分には、目立つキズがありませんでした。
しかし、角度を変えてディスプレイを見ると、うっすらひっかきキズのようなものがありました。
ただ、電源を入れてディスプレイを表示させるとキズがあるかわからないほどです。
Cランク品だと、画面割れしていることもあるので、画面割れがないだけ大当たりといえます。

左サイドに目立つキズがあり、これがCランクになった要因だと思います。
許容範囲かどうかは人それぞれですが、これからスマホケースを取り付けることを考えたらあまり気になりません。

本体裏面も目立つキズはありませんでした。
よく見ると、確かに中古らしい細かなキズはあります。最終的にケースをつけるので裏面も許容範囲でしょう。
外見については、Cランクの割にキレイな方だと思います。今回購入した中古のiPhone7は、「Bランクに近いCランク」ではないでしょうか。

バッテリー状態について

iPhone7は2016年発売のモデルなので、バッテリー状態は気になります。
今回は、iOS12へあらかじめアップデートし、iOS11.3から確認できるようになった「バッテリー状態」を使って確認しました。
結果は100%で、ほとんど劣化のないバッテリーでした。
Cランク品で100%のバッテリー状態はかなり稀なケースといえます。
充電も問題なく行えました。
中古iPhoneのバッテリー目安は、だいたい80%~90%あたりかなと思います。
90%以上のiPhoneが届いたら当たりと思ったほうがいいでしょう。

パソコンとの接続

iPhoneとパソコンを接続してiTunesと同期

中古iPhoneを購入して、稀にパソコンと接続ができないことがあります。
パソコンにiPhoneが認識されない場合は、まずLightningケーブルを交換。それでも認識されない場合は本体に何らかの不具合があると思ったほうがいいでしょう。
今回はとくに問題なくパソコンにiPhoneが認識され、iTunesとの同期も完了し、音楽や写真の転送も行えました。
スピーカーも問題なく、音楽がちゃんと流れてくれます。

ネットと通話

左:iPhoneから発信
右:着信

今回は、OCNモバイルONEのSIMカードを使っています。
プロファイルの設定方法などは、別の記事にて紹介予定です。
ネットも通話も問題なく行えました。
ここまでの確認作業で、ひと通りiPhoneが使える状態になったといえます。

中古iPhoneを購入するならできればBランク以上を検討したい

出典:イオシス

今回は、中古iPhone7のCランク品を実際に購入して、「どのような本体状態なのか」、「問題なくiPhoneが使えるか」を見てきました。
結果として、Cランクでも思っていたより状態の良いiPhone7だったわけですが、もっと酷い状態の本体が届く可能性もあります。
タップの不具合もなく、充電もしっかりとでき、普段使いにはまったく問題はありませんでした。

これから中古iPhoneを購入してみようと検討している方は、できればBランク品以上を検討したほうがいいでしょう。
Cランク品とBランク品ではiPhone本体の状態にかなりの差があるからです。
ただ、バッテリー状態はどのランクで購入するにしても、良い状態で届くことをお祈りするしかありません。
Cランク品を購入するのなら、実店舗に足を運んで購入したほうが良さそうです。

中古iPhoneのモデルはiPhone7以上がオススメ

今回購入した中古iPhone7は、Cランク品で23,800円(税抜)でした。
iPhone6やiPhone SEならもっと安く購入することも可能です。
iPhone7については、いくら型落ちしているとはいえ2016年に発売したばかりの機種です。
格安SIM(MVNO)事業者でも、主力機種としてSIMカードとセットで販売しているのでまだまだ現役で使うことができるでしょう。
iPhone8以上を狙うのなら、2019年に発売が噂されるiPhone XI(iPhone 11)の登場を待ってみたほうがいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました