Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュースや格安SIM・格安スマホの最新情報、キャンペーン情報をお届けします。動画サイトなどエンタメ情報も。

Android スマホ

au、2019年夏の新機種を発表

KDDI(au)が2019年夏の新機種を発表。

KDDI(au)は、2019年夏の新モデルを発表しました。
ラインナップは、スマホ9モデルとケータイ1モデルで、5月下旬からの発売となります。

au:au NEW SELECTION

有機ELディスプレイ搭載「Xperia 1」

ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 1」は、世界初4K HDR対応有機ELディスプレイを搭載したハイエンドモデルです。
約6.5インチ画面比率21:9のシネマワイドディスプレイは、動画やゲームなどの没入感と臨場感を高めてくれます。
スペックはSnapdragon855と6GBを組み合わせ、ストレージは64GBを搭載しています。
microSDカードスロットは搭載していますが、イヤホンジャックはありません。
イヤホンで音楽を聞いたりする場合、付属品のUSB Type-C-3.5φ変換ケーブルを利用する必要があります。

背面のメインカメラはトリプルレンズを搭載。「標準」、「望遠」、「超広角」を自在に切り替えることが可能です。
トリプルレンズはXperia初となり、ふんわりきれいなボケ感や光学2倍ズームなど、プロのような写真を手軽に撮影することができます。

大容量バッテリーで長時間駆動が可能「Galaxy S10+」

サムスンの「Galaxy S10+」は、約6.4インチの大画面と4,000mAhの大容量バッテリーが特徴です。
スペックはSnapdragon855と8GBのRAMを組み合わせ、128GBのストレージを搭載しています。
背面のメインカメラは、トリプルレンズを搭載しています。
Qi規格に準拠したワイヤレス充電に対応。他のワイヤレス充電対応機器に給電を行うワイヤレスパワーシェアも可能です。
大画面、高性能、トリプルレンズのカメラといった2019年のトレンドに、大容量バッテリーを加えたハイエンドスマホです。

超音波方式の指紋認証対応「Galaxy S10」

「Galaxy S10」は、約6.1インチの有機ELディスプレイを搭載したモデルです。
ディスプレイには、超音波式の指紋センサーを採用しており、画面に指先をタッチすることでロックが解除されます。
Snapdragon855と8GBのRAM、128GBのストレージといったスペック面は「Galaxy S10+」と同様です。
画面サイズとバッテリー容量に違いがあり、「Galaxy S10」のバッテリー容量は3,300mAhです。

大画面と大容量バッテリー搭載のミドルレンジ「Galaxy A30」

サムスンの「Galaxy A30」は、約6.4インチの有機ELディスプレイと3,900mAhの大容量バッテリーが特徴のミドルレンジスマホです。
CPUはExynos7904と4GBのRAMを組み合わせ、64GBのストレージを搭載しています。
「Galaxy S10/S10+」の端末価格が10万円前後のところ、「Galaxy A30」の端末価格は4万円前後となっています。
有機ELディスプレイを搭載していながら、4万円台の価格帯はかなり手頃な価格です。

Pro IGZOディスプレイ搭載「AQUOS R3」

「AQUOS R3」は、約6.2インチの120Hz駆動Pro IGZOディスプレイを搭載したシャープのフラグシップモデルです。
スペックはSnapdragon855と6GBのRAMを組み合わせ、ストレージは128GB搭載しています。
背面のメインカメラはダブルレンズとなっており、静止画用と動画用として使い分けをします。
ステレオスピーカーを搭載し、イヤホンジャックがついているのもポイントです。

シリーズ最強の耐久性「TORQUE G04」

京セラ「TORQUE G04」は、堅牢性と耐久性に優れた人気シリーズです。
耐衝撃や耐荷重、耐海水の独自試験を行っています。
グローブタッチにも対応しており、山や海といったアウトドアにも最適なスマホです。

シンプルで大きな文字「AQUOS sense2 かんたん」

シャープの「AQUOS sense2 かんたん」は、シンプルなホーム画面と大きな文字で、誰でも扱いやすいスマホです。
メインカメラは約1,200万画素のシングルで、撮影シーンに合わせたAIによる調整を自動で行ってくれます。
「AQUOS sense2」ベースなので、鮮やかさと省エネが特徴のIGZOディスプレイを搭載し、防水・防塵にも対応しています。

トリプルカメラを搭載「HUAWEI P30 lite Premium」

HUAWEIの「HUAWEI P30 lite Premium」は、2018年のベストセラースマホ「HUAWEI P20 lite」をau版にカスタマイズした後継機種です。
メインカメラにはトリプルレンズを搭載し、AI撮影にも対応しています。
CPUはKirin 710に、4GBのRAMを組み合わせスペック面もパワーアップしています。
ストレージも128GBに増えており、microSDカードスロットも搭載しています。

シンプルなケータイ「GRATINA KYF39」

京セラの「GRATINA KYF39」は、auでは定番となっているフィーチャーフォンのシリーズです。
防水・防塵に対応しており、SMSに変わる「+メッセージ」にも対応しています。
LINEがプリインストールしているのもポイントです。
フィーチャーフォンとして初のUSB Type-Cを搭載しており、これまでのmicro USBケーブルを使おうと思っている方は買い替えが必要です。

まとめ

スマホは4機種がハイエンドモデルとなっており、「Xperia 1」に注目が集まっています。
「HUAWEI P30 lite Premium」や「Galaxy A」といったミドルレンジも含めると、au2019年夏の新機種は大画面スマホが多い印象です。
6インチを超えるディスプレイでは、どうしても片手での操作がしづらく、落下防止用のスマホリングは必須です。
「大画面でスペックの高いスマホが欲しい」という方には選べるラインナップですが、片手で操作しやすい小ぶりなスマホが欲しい方にとっては選択肢がないといえます。
ハイエンドメインの新機種となっているので、夏にスマホを買い替えるという方は、2018年に発売したスマホを選ぶという選択もありでしょう。

au:au NEW SELECTION

関連記事

-Android, スマホ