Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュースや格安SIM・格安スマホの最新情報、キャンペーン情報をお届けします。動画サイトなどエンタメ情報も。

Android スマホ

シャープのAQUOS R3が商品化決定、気になるスペックまとめ

シャープのフラグシップモデルAQUOS R3のスペックまとめ

シャープは、2019年夏向けのAndroidスマホ「AQUOS R3」を発表しました。
シャープのフラグシップモデルとなるAQUOS R3は、最新CPUのSnapdragon855と6GBを組み合わせたハイエンドスマホです。
128GBのストレージを搭載しており、ひとつひとつが大容量化していくアプリもたっぷりとインストールしておくことが可能です。
今回は、2019年の夏に発売するスマホとしては最強ともいえるAQUOS R3のスペックをまとめていきます。

AQUOS R3スペック

AQUOS R3 スペック
OSAndroid9 Pie
CPUSnapdragon 855
RAM6GB
ストレージ128GB
外部メモリmicroSDXC 最大512GB対応
ディスプレイ約6.2インチ
Pro IGZOディスプレイ
120Hz駆動
カメラメイン:約1,220万画素(静止画用)+約2010万画素(動画用)
サブ:約2010万画素
バッテリー3,200mAh
インターフェース・USB Type-C
・イヤホンマイク端子
充電・Qi規格イヤレス充電対応
・USB Power Delivery対応
防水/防塵IPX5/IPX8(○)/ IP6X
サービス・ワンセグ/フルセグ
・おサイフケータイ
・GPS みちびき対応
・ハイレゾ音源対応
・顔認証/指紋センサー

CPU性能が前モデルのAQUOS R2よりも向上し、メモリは6GBに増えています。
サクサクとした動作は間違いなく、今後リリースする3Dを多用したゲームアプリも問題なく動作するでしょう。
現状のAndroidバージョンでは、アプリの保存先が本体ストレージのみなので、本体ストレージが128GBと大容量なのもポイントです。
microSDカードスロットを搭載しており、アプリは本体に保存して、写真や音楽、動画はmicroSDカードに保存しておくといいでしょう。

AQUOS R3は、ステレオスピーカーを搭載し、リアルなサウンドをスマホで楽しむことができます。
イヤホンジャックのないスマホが増えていますが、イヤホンジャックを搭載しているのもうれしいです。

AQUOS R3を販売するキャリアは?格安SIM(MVNO)でも販売する?

前モデルのAQUOS R2は、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアで販売していました。
AQUOS R3に関しては、最速でソフトバンクが販売を発表しており、5月17日(金)より予約を開始します。
フラグシップモデルということで、ドコモとauからも販売するでしょう。

気になるAQUOS R3のSIMフリーモデルについては発表待ちといったところです。
シャープは2018年からSIMフリーモデルを本格的に投入していますが、前モデルのAQUOS R2のSIMフリーモデルは発売していません。
ハイエンドのSIMフリーモデルは販売しないとおもいきや、AQUOS R2 CompactやAQUOS zeroのSIMフリーモデルは販売しています。
なので、AQUOS R3のSIMフリーモデルが登場する可能性も高く、登場すれば格安SIM(MVNO)事業者でも販売をすることでしょう。

Source:シャープ

関連記事

-Android, スマホ