Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュースや格安SIM・格安スマホの最新情報、キャンペーン情報をお届けします

ゲーミングPC

BTOで買うならIntelプロセッサー搭載PC?Ryzenプロセッサー搭載PC?

BTOで買うならIntelプロセッサー搭載ゲーミングPCか、Ryzenプロセッサー搭載ゲーミングPCか。

第2世代Ryzenの中でも人気のRyzen 7 2700Xは、第8世代Core i7-8700Kと匹敵する性能を持ちながら、低価格であることが魅力的なCPUです。
BTOショップにて、ゲーミングPCを購入しようと検討しているかたは、Intelプロセッサー搭載ゲーミングPCとRyzenプロセッサー搭載PCゲーミングPC、どちらを購入したらいいか迷っているのではないでしょうか。
IntelとRyzen、どちらを選ぶかは使い方によって変わってきます。
今回は自分にピッタリのゲーミングPCを見つけるために、IntelプロセッサーとRyzenプロセッサー、BTOで選ぶ際の決め手を紹介していきます。

ゲームの安定性とゲーミング性能はIntel、ゲームや動画編集・配信をするならRyzen

結論から言うと、PCゲームを安定して遊んでいきたいのならIntelプロセッサー搭載のゲーミングPCを選ぶべきです。
ゲームと配信を同時に行ったり、動画編集といったこともするのならRyzenを選ぶといいでしょう。
力のIntel、技のRyzenといった印象で、InteプロセッサーとRyzenプロセッサーで迷っているのなら、ひとまずはゲームをガッツリしたいのか、ゲームだけでなく配信や動画編集もしていきたいかで決めることをオススメします。

なぜIntelプロセッサーがゲーム向きといえるのか

Intelプロセッサーがゲーム向きと言われているのは、Ryzenプロセッサーよりもシングル性能が優れているからです。
シングル性能とは、CPUの1コアあたりの性能を指します。
ゲームタイトルにもよりますが、3Dを多様したPCゲームは1コアあたりにかかる負荷が大きくなるので、シングル性能が優れているIntelプロセッサーはゲーム向きであるといえます。
たとえばIntelプロセッサーでも、ゲーム好きに人気のある第8世代Core i7-8700Kは6コア12スレッドで、ゲームによって負荷がかかっているのは4コア程度です。
なので、Ryzen 7のように8コア16スレッドのCPUを選んでもコア数を持て余してしまう可能性があります。
また、開発環境やテスト環境のほとんどがIntelプロセッサー搭載マシンであるということも、安定してゲームを遊びたいかたがIntelプロセッサーを選ぶ理由となります。

マルチコア性能をフルに活かすならRyzenがオススメ(とくにRyzen7 2700X)

今Ryzenプロセッサーを選ぶのなら、2018年4月に発売した第2世代Ryzen 7 2700/2700Xを選ぶべきです。
8コア16スレッドのRyzen 7 2700/2700Xは、ゲームと一緒に配信をしたいかたや、動画編集をしたいかたなら、マルチコア性能をフルに活かすことができます。
コア数が多いと、ゲームによってかかる負荷と配信ソフトによってかかる負荷を分散させることが可能です。
動画編集する際も、コア数が多いことでエンコード時間を短縮させることができます。
エンコードとは、動画や音声、テロップ、エフェクトなどをひとつにまとめ、動画を完成させる最終工程のようなものです。
Ryzenプロセッサーは、ゲーム性能が弱いとされていましたが、第2世代RyzenのリリースによってIntelプロセッサーに迫る性能を持つということで注目を集めています。
ですが、第2世代Ryzen 7 2700Xでもシングル性能は第8世代Intel Core i7-8700Kには及びません。

BTOショップにてIntelプロセッサー搭載のゲーミングPCを選ぶ際のポイント

Intelプロセッサーを選ぶ際は、CPUとグラフィックボードの組み合わせが重要です。
たとえば、少し前の第7世代Intel Core i3とGTX1080Tiを組み合わせた場合、CPU側の処理が追いつかないことがあります。
ボトルネックと呼ばれる現象になるのですが、CPUが非力だと高性能なグラフィックボードを搭載してもムダになりかねません。
なので、Intelプロセッサーを選ぶ際は、グラフィックボードの組み合わせが難しいといえます。
ですが、BTOにて購入するのならバランスが取れた基本構成で販売しているので、そこまで神経質になる必要はありません。
ポイントとしては、グラフィックボードの換装を考慮すると、第8世代Core i7-8700/8700Kのように、最初から高性能なCPUを搭載しているゲーミングPCを選ぶほうが後悔しないと思います。

Intelプロセッサー搭載、BTOでオススメのゲーミングPC

Intelプロセッサー搭載PCでオススメをいくつか紹介していきます。
まずは、格安のBTOパソコンを販売しているFRONTIERのGRシリーズです。
第8世代Core i7-8700とGTX1050を組み合わせたお手軽価格のモデルとなっています。
139,800円という本体価格は魅力的で、人気の『フォートナイト』も十分動作させることができ、『PUBG』の動作環境も一応は満たしています。
ですが、グラフィックがGTX1050ということもあり、フルHDで60fpsを出すといたことは難しいかもしれません。
おそらく将来的にグラフィックボードとメモリを換装することになると思います。

FRONTIERでは、20万円以下で購入できるハイエンドゲーミングPCが販売しています。
第8世代Core i7-8700とGTX1080を組み合わせており、16GBのメモリを搭載し、ストレージも大容量SSD500GBとHDD2TBが搭載されているところもポイントです。
電源ユニットは、電源効率のよい850W 80PLUS GOLD認証を採用しています。
価格は189,800円で、この価格ながら高性能でバランスの取れた構成内容となっています。
カスタマイズをせずとも、この1台があれば3年~4年は不自由なくPCゲームを楽しめそうです。
このスペックならVRゲームにも十分対応しているのでVR機器の購入を検討しているかたにもピッタリです。

FRONTIERでは、今回紹介したゲーミングPC以外にも月末祭など定期的にセールを実施しています。
ふいにアウトレットセールなども実施しているので、掘り出し物を見つけることができるかもしれません。
気になるかたはFRONTIER公式サイトをご確認ください。

FRONTIER:http://www.frontier-direct.jp/

Ryzenプロセッサー搭載ゲーミングPCを選ぶポイント

ゲームと一緒に生配信をしたり、動画を編集といったクリエティブ系の作業にはRyzenプロセッサーがピッタリです。
Ryzenプロセッサーについては、第2世代Ryzen 7 2700/2700Xを選ぶべきといえます。
その理由は、8コア16スレッドの第2世代Ryzen 7 2700/2700Xなら、Intel Core i7-8700Kに迫るゲーミング性能があるからです。
実際のところ、第2世代RyzenだとRyzen 7 2700Xが一番人気なので、予算が届かずRyzen 5 2600を選ぶくらいなら、安定性を重視してIntelプロセッサーを選んだほうがいいと思います。
第2世代Ryzen 7 2700Xを選ぶのならグラフィックボードの組み合わせは気にする必要ないでしょう。
GTX1050以降の組み合わせなら、ボトルネックとなる現象も気にすることはないと思います。

Ryzen 2700X搭載、BTOでオススメのゲーミングPC

BTOパソコンを販売するFRONTIERのGAシリーズは、Ryzen 7 2700XとGTX1060を組み合わせていながら、15万円を切る価格で販売しています。
ストレージもたっぷりのSSD320GBとHDD2TBを搭載しており、標準でメモリが16GB搭載しているところもポイントです。
最近のゲームだと、Steam版『モンスターハンターワールド』の推奨環境を満たしていますが、先のことを考えるとGTX1070は欲しいところなので、注文時にカスタマイズするか予算と相談したいところです。
実際のところ、Steam版の『モンスターハンターワールド』は、Ryzen 7 2700XとGTX1060の組み合わせなら、ゲームと一緒に配信も十分できています。
FRONTIERで販売している第2世代Ryzen搭載モデルのチップセットには、B450チップセットを採用しており、XFR2とPrecision Boost Overdriveといった、第2世代RyzenのX番から使える新しいオーバークロックを使うことができます。
なお、記事中の表記はRyzen 7 2700となっていますが、注文時に自動的にRyzen 7 2700Xにアップグレードされます。
キャンペーン期間中とのことなので、注文時によく確認するようにしましょう。

FRONTIERで販売しているGAシリーズの最上位は、第2世代Ryzen 7 2700XとGTX1080を組み合わせたモデルです。
先ほど紹介した、FRONTIERで販売しているIntelプロセッサー搭載のGRシリーズとほぼ同スペックながら5,000円安く購入できることができます。
ストレージはSSD320GBとHDD2TBを搭載、16GBのメモリを標準搭載しています。
GRシリーズと同様に、この1台があれば当面の間は満足してPCゲームを楽しむことができそうです。
このくらいのスペックになってくると、PCゲームを安定して遊びたいのか、ゲームや配信・動画編集といったマルチに使いたいのかで、購入するべきゲーミングPCが決まりそうです。
ゲームを安定して遊びたいのならIntelプロセッサー搭載のGRシリーズ、マルチに使っていきたいのならRyzenプロセッサー搭載のGAシリーズといったところでしょうか。

FRONTIER:http://www.frontier-direct.jp/

関連記事

-ゲーミングPC