Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュースや格安SIM・格安スマホの最新情報、キャンペーン情報をお届けします

格安SIM

申込時に口座振替が可能な格安SIM(MVNO)は?

申込時にクレジットカード決済以外の支払い方法を選べる格安SIM(MVNO)事業者を5社紹介。

格安SIM(MVNO)事業者の多くは、支払い方法にクレジットカードを採用しています。
格安SIMの申込みには、クレジットカードが必須といえますが、クレジットカードが苦手で持たないかたもいるでしょう。
実際、口座振替が可能な格安SIM(MVNO)事業者もありますが、申込時に設定できないことが多いです。
今回は、申込時に口座振替など、クレジットカード以外が選択できる格安SIM(MVNO)事業者を紹介していきます。

申込時にクレジットカード以外が選択可能な格安SIM(MVNO)事業者

さっそく、申込時にクレジットカード以外を選択できる格安SIM(MVNO)事業者をまとめます。

申込時にクレジットカード以外の支払い方法を選択できる格安SIM(MVNO)事業者は、今のところ5社です。
ただし、どの格安SIM(MVNO)事業者もクレジットカード以外の支払い方法を選択することで、契約者側がひと手間かかってしまいます。
では、1社ずつどういう手間がかかるのか詳しく紹介していきます。

楽天モバイル:口座振替は手数料が毎月必要

楽天グループの格安SIM(MVNO)サービス「楽天モバイル」は、Web申込みで口座振替の選択が可能です。
対応している金融機関であることが唯一の条件ですが、今回紹介する格安SIM(MVNO)事業者のなかでもっとも手軽に口座振替を選択することができます。
ただし、毎月の引き落とし時に手数料として100円(税別)加算されるのが欠点です。
→楽天モバイルの料金プランを確認する

楽天モバイル公式サイト:https://mobile.rakuten.co.jp/

UQモバイル:MNP移転なら口座振替可能

auのサブブランド「UQモバイル」は、MNP移転ならWeb申込みにて口座振替を選択することができます。
MNP移転とは、他社で使っている電話番号をそのままUQモバイルで使えるようにすることです。
UQモバイルでは、Web申込み時にクレジットカードか口座振替を選択することができますが、電話番号を新しく発番する新規申込みで口座振替を選んでしまうと強制的にキャンセルされるので注意しましょう。
なお、UQモバイルの口座振替については、関連記事にて詳しく紹介しています。
→関連記事:UQmobile/楽天モバイル 口座振替可能な格安SIM2社比較

UQモバイル公式サイト:https://www.uqwimax.jp/(MNP移転の場合のみ)

mineo:一応デビットカードで決済可能

ケイ・オプティコムの格安SIM(MVNO)サービス「mineo」は、原則クレジットカード払いのみですが、デビットカードを登録することもできます。
ですが、申込み審査で落ちてしまう可能性もあり、もしも審査に落ちた場合は開通までに時間を要してしまうことがデメリットです。
mineoの公式コミュニティ「マイネ王」によると、デビットカードにいくらか預金があるほうがよいとのことです。
だからといって必ず審査が通る保証はありませんが、デビットカードで申込みをしたいというかたは、デビットカードへある程度入金をしておき、実際に決済することができるか試したほうがいいでしょう。

mineo公式サイト:http://mineo.jp/

OCNモバイルONE公式サイト:口座振替は電話にて申告が必要

NTTグループの格安SIM(MVNO)サービス「OCNモバイルONE」は、申込み前に電話連絡をすることで口座振替を指定することができます。
Web申込みにて、クレジットカードを選択するよりも数週間ほど開通が遅くなってしまうことが欠点です。
OCNモバイルONEは、月額料金の安さや新機種の取り扱いの早さ、名の知れたNTTグループということで、人気の格安SIM(MVNO)事業者です。
電話連絡をするひと手間はかかりますが、口座振替で申込みをしたいかた第一候補として検討してみてはいかがでしょうか。
→OCNモバイルONEの月額料金を確認

OCNモバイルONE公式サイト:https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html

LINEモバイル:支払い方法にLINE Payカードの選択が可能

コミュニケーションアプリ『LINE』が使い放題になる「LINEモバイル」は、クレジットカード決済以外にLINE Payカードでの決済が可能です。
LINE Payカードは、簡単な個人情報のみで申込むことができるチャージ式のカードです。ICOCAやSuica、nanacoといったチャージ式のカードをイメージするとよいでしょう。
LINE Payカードのチャージは、コンビニや銀行振込みで行うことが可能です。
LINE Payカードの発行までに1週間ほど時間を要しますが、チャージ式のカードなのでクレジットカードを持ちたくないというかたでも安心して持つことができます。
→LINE payカード詳細

LINEモバイル公式サイト:https://mobile.line.me/

まとめ

今回は、クレジットカード以外で申込むことができる格安SIM(MVNO)事業者を5社紹介してきました。
他にも口座振替に対応している格安SIM(MVNO)事業者はありますが、申込時はクレジットカードであとから口座振替に切り替えという場合が多いです。
クレジットカード以外の申込みとなると、選べる格安SIM(MVNO)事業者の数が限られてきたり、少し手間がかかります。
今回紹介した格安SIM(MVNO)事業者は、主要格安SIM事業者として扱われているので申込みをするユーザーも多く、どれを選んでも満足はできそうです。

楽天モバイル
→口座振替が選択可能
振込み手数料が100円必要

UQモバイル
→口座振替が選択可能(MNP移転の場合のみ)
MNP移転以外の口座申込みはキャンセル扱い

mineo
→デビットカードが選択可能
ある程度預金残高が必要、100%審査が通るとは限らない

OCNモバイルONE
→電話連絡をすることで口座振替可能
電話連絡の手間がかかる、開通まで通常より時間を要する

LINEモバイル
→LINE Payカードの選択が可能
LINE Payカードの発行までに時間を要する

関連記事

-格安SIM