Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュースや格安SIM・格安スマホの最新情報、キャンペーン情報をお届けします

Android スマホ ニュース 格安SIM

NifMoにて6/15より取扱い開始、HUAWEI P20/HUAWEI P20lite

格安SIMのNifmoから6月15日よりHUAWEI P20/HUAWEI P20lite取扱い開始。

格安SIMのNifmoにて、HUAWEIの最新SIMフリースマホ「HUAWEI P20」と「HUAWEI P20 lite」の取扱いが発表されました。
公式サイトではすでに製品ページが公開されており、申込みをすることも可能。HUAWEI P20/P20 liteの発送は6月15日以降となります。
また、同日よりモトローラ社製スマホMoto G6/E5の取扱いも開始しておりこちらも注目です。

HUAWEI P20は、Kirin970と4GBのRAM、128GBのストレージを搭載したハイエンドスマホです。
プロセッサーとストレージについてはドコモから発売されるP20 Proと同様。RAMは4GBとなっています。
P20では、メインカメラに約1,200万画素+約2,000万画素のダブルレンズを搭載。インカメラも約2,400万画素で、AIが19の被写体シーンを検知してその場に合った調整をしてくれる機能が搭載されており、さすがカメラに強いスマホという印象を与えてくれます。
ただし、microSDカードといった外部ストレージに対応していない点がネックです。

ディスプレイは約5.8インチ(FHD+、2,244×1,080)TFT液晶を採用。ノッチ部の小型化に成功し、ベゼルをほとんどなくしたフルビューディスプレイとなっています。
申し分のないスペックですが、おサイフケータイに対応しておらず、外部メモリスロットが非搭載なので購入時は気をつけておきたいポイントとなります。
NifMoでの価格は一括64,445円(税別)、分割なら24回払いで月額2,686円(税別)です。

Nifmo:キャッシュバックキャンペーンサイトで詳細を確認する

HUAWEI P20 liteは、Kirin 659とRAM4GBを組み合わせたミドルレンジスマホ。ROMは32GB搭載しており、一見するとHUAWEI nova lite2のブラッシュアップ版のようなスペックとなっています。
P20とは異なり256GBまでのmicroSDカードをサポートしており、使い勝手としてはP20 liteのほうが良さそうに思えます。

ディスプレイは、約5.84インチ(FHD+、2,280×1,080ドット)TFT液晶を採用。P20と同様にフルビューディスプレイとなっています。
メインカメラが約1,600万画素+200万画素のダブルレンズを搭載、インカメラは約1,600万画素となっています。
Nifmoでの価格は一括28,889円(税別)、分割だと24回払いで月額1,204円(税別)です。
HUAWEI製スマホに関しては、P20のようにおサイフケータイがないなどの機能的な制限があるので、ハイエンドモデルをムリして購入する必要はないというのが正直な意見です。
HUAWEIの夏モデルとして発売されるPシリーズのハイエンドモデルを購入するのなら、ドコモから発売のP20 Proを検討したほうがいいでしょう。

Nifmo公式サイト:https://nifmo.nifty.com/

関連記事

-Android, スマホ, ニュース, 格安SIM