Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュースや格安SIM・格安スマホの最新情報、キャンペーン情報をお届けします

PC windows10 ゲーミングPC

「ゲーミングノートはデメリットしかない」それは間違いだと言いたい

「ゲーミングノートPCが欲しい」と思いネット検索をしてみると、ほとんどのサイトが「ゲーミングノートPCはオススメしない」と口を揃えて言ってますよね。そういうところは、ゲーミングノートPCのデメリットをひたすら書きあげて結局デスクトップのBTOパソコンを紹介する流れだったと思います。
ゲーミングノートPCをオススメしない人がよく言うことといえば、”値段の高さ”や”拡張性のなさ”、”故障のしやすさ”ではないでしょうか。
実際、どちらも間違いとはいえません。だからといってデスクトップPCの購入に方向転換する理由にもなりません。
今回は、ゲーミングノートPCの購入を検討しているかたへ向けて、あらためて知っていてほしいゲーミングノートPCのメリットをまとめていきます。

設置場所を選ばない

ゲーミングノートPCを選ぶ理由のひとつとして、自宅の設置スペースの問題があります。
自宅の都合で、どうしても小型PC含むデスクトップPCを設置が難しい人にとって、設置場所を選ばないゲーミングノートPCは助かることでしょう。
周辺機器もマウスさえ別途購入すればPCゲームをプレイするのには十分。ゲーミングノートPCに内蔵されているマイクやウェブカメラで、必要なものがほぼすべて揃っているのも初心者にとってはうれしいですね。

どこにいてもゲームを楽しめる

はっきり言って、外でゲーミングPCを使ってPUBGをプレイしている人を見かけたことはありません。ですが、外に連れ出さなくても自宅内で自由に持ち運びできるのはゲーミングノートPCならではの強みです。
筆者の場合、寝室にノートPCを持ち込みU-NEXTなどで見ていた動画の続きを視聴したり、タッチパッドで操作できるブラウザゲームをしながらそのまま寝たりと、マルチタスクをこなせるという理由でスマホよりも重宝していると感じる瞬間があります。

本当に拡張性は必要なのか

拡張性といえばメモリの増設やハードディスク・SSDといったストレージの増設、グラフィックボードの差し替えが真っ先に思い浮かびます。
ゲーミングノートPCはコンパクトな本体に必要なパーツが詰め込まれているので、初心者のかたにはメモリの増設や入れ替えが難しいのは事実です。
ですが、いきなり8GBのメモリを32GBへ増設しようとしたり、GTX1070に差し替えたいと考えるのかと言われれば疑問が残ります。
将来性を考えると、拡張性のあるゲーミングデスクトップPCを購入したほうがいいかもしれないのは確かですが、パーツをあれこれ差し替えたくなる頃には結局新しいPCを買ったほうが安くて手っ取り早いという結論になると思います。

本当に故障しやすいのか

ゲーミングノートPCはたしかに故障しやすかったです。これも過去形です。
故障の原因といえば”熱”なのですが、先述のとおりゲーミングノートPCは本体にグラフィックボードなどの必要なパーツが詰め込まれており、長時間駆動し続けた後に熱が原因で故障というのはありえます。それも今となっては低い確率であるといえます。
故障の確率が低くなった理由としては、各メーカーが冷却効率を意識したモデルを販売しているからです。
それでもかなり熱はもちますが、熱を逃がすノートPC用の冷却パッドで対応することも可能です。
ゲーミングノートPCが壊れやすいというのは10年以上も前のことだと思っているので、これから購入しようとしているかたは気にしなくてもいいでしょう。
万が一すぐに故障してしまった場合は、メーカーの保証などを利用することも可能です。

ゲーミングノートPCは高い?

そこそこのゲーミングPCが欲しいのなら今だと10万円切るか切らないかの価格で購入することが可能です。
安いか高いかは人それぞれですが、昔なら20万円以上していたようなスペックが10万円ほどで購入できるのなら安く感じます。

たとえば、ツクモのモデルは第7世代Intel Core i7プロセッサーを搭載し、8GMRAMとNVIDIA GeForce GTX1050Tiを組み合わせていながら、114,800円(税別)で販売しています。
ストレージがSSD240GBだけなので、FFXVといった大容量の空きストレージを要求するゲームには向いていないのですが、これくらいのスペックだとPUBGの動作環境を十分満たしており、フルHDでもプレイすることができそうです。
ただ、グラフィックがGTX1050Tiということもあり、今後人気が出そうなVRゲームのプレイには向いていません。

ツクモで詳細を見る

処分が楽

ゲーミングノートPCだけでなく、ノートPCの処分の楽さは大きなメリットです。
PCは資源有効利用促進法によって粗大ゴミとして出すことができず、処分に困ってしまうことがありますが、ノートPCの場合は自治体の回収ボックスに入れるだけで簡単に廃棄することができます。
廃棄以外にも買取業者に買い取ってもらうことも可能で、その際はゲーミングノートPCが入っていた外箱もあると査定に関わってきます。ゲームソフトを中古ショップへ売る時に、パッケージと取扱説明書がついていると高価買取になる仕組みと同じです。
外箱もゲーミングノートPCならコンパクトなので押入れにしまっておけば、いざという時にサッと取り出すことができます。

これからゲーミングノートPCを購入するのなら

ゲーミングノートPCもピンからキリまでといった印象で、予算も人それぞれだと思うので「コレだ!」と一概には言えません。
ただ中古はオススメしません。それこそ故障するリスクが高いからです。
もちろん値段が高ければ高いほうが性能の高いモデルになるのは当然ですが、いきなり20万円もするゲーミングノートPCを購入するのは難しいと思います。
最後にそこそこの価格で、いろいろなPCゲームを楽しむことができるゲーミングノートPCを紹介します。

ツクモ:G-GEAR note N1564Jシリーズ

さきほど例にあげたツクモのモデルは、ゲーミングノートPCのエントリー向けともいえるスペックです。
気になる熱も「クーラーブースト機能」で効率よく排熱をすることが可能になっています。
通常の保証期間は1年間。+6,480円のEXPC延長保証で3年間修理費を無料にすることができます。
3年間保証をつけた場合、132,624円(税込・送料込)です。(カスタマイズにより価格は異なる)

ツクモで詳細を見る

CPUを第7世代Intel Core i3プロセッサーにしてコスパを重視したモデルで、ストレージはHDDで500GBありますがそれでも少し寂しい印象です。
こちらもツクモなので1年間の保証か3年間の延長保証を選ぶことができます。

ツクモで詳細を見る

FRONTIER:FRGNHM175/SG1 GNシリーズ

FRONTIERダイレクトのゲーミングノートPC、GNシリーズは基本構成で16GBのRAMが搭載されているところが魅力的です。
ストレージはツクモと同じで少し物足りませんが、どのモデルも500GB~1TBのストレージ増設は注文時に行っていたほうが後々後悔しなさそうです。
本モデルでHDD1TBを増設して見積もりをしたところ、151,848円(税込・送料込)となりました。
保証は通常1年間。3年間保証もありますが、プラス10,000円なのでつけるかつけないかは人それぞれといったところです。

FRONTIERダイレクト:http://www.frontier-direct.jp/

パソコン工房:LEVEL-15FX078-i7-LNSS

10万円以下の高いコスパを実現しているのは、パソコン工房のゲーミングノートPCです。
ディスプレイはフルHDに対応した15.6型、第7世代Intel Core i7プロセッサーとRAM8GBを組み合わせています。
ストレージはSSD240GB、グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTX1050を搭載しています。
基本保証は1年間。3年保証の追加か4年保証を選ぶことができます。
パソコン工房では、本モデル以外に8万円台のゲーミングノートPCもラインナップしています。

パソコン工房:https://www.pc-koubou.jp/

関連記事

-PC, windows10, ゲーミングPC