Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュースや格安SIM・格安スマホの最新情報、キャンペーン情報をお届けします

PC windows10 ゲーミングPC

【BTO】そこそこのデスクトップパソコンとはどういうものか考えてみた

「新しいデスクトップPCが欲しい」「でもどういうスペックを買えばいいかわからない」そんなことはありませんか?
予算が多ければ多いほどスペックの高いパソコンを購入できるのはもちろんですが、自分に合ったパソコンを選ぶことがポイントです。
自分合ったパソコンとは、パソコンを買って何をしたいかということです。
ひとことにゲームをしたいといっても4K画質で楽しみたいのか、”そこそこ”の画質である程度快適にプレイができればいいのかで必要なスペックが変わってきます。
今回は”そこそこ”をテーマに、”そこそこ”の値段で”そこそこ”のスペックをもったデスクトップPCについてまとめていきます。

そこそこのデスクトップPCとは

そこそこのデスクトップPCをどういうものか考えたとき、まずは予算を決めることからはじめてみました。
予算が10万円以上となると、ミドルハイクラスのゲーミングPCを購入することができます。
そこそこなので、予算は10万円以下に絞りたいとおもいます。
スペック面ですが、PCを買って何がしたいかにもよるのでひとまずはユーザーの要求にある程度応えることができるPCとしておきましょう。

10万円以下でそこそこのデスクトップPCを見てみる

ここからは実査に10万円以下でどういうデスクトップPCが購入できるのか、BTOパソコンを取り扱っているショップから厳選して紹介していきます。

FRONTIERダイレクト:GBシリーズ(第8世代Core i3-8100搭載モデル)

BTOパソコンを取り扱うFRONTIERダイレクトにて販売しているGBシリーズ。第8世代Intelプロセッサーを搭載しながら10万円を切るモデルです。(モニタ別売り)
第8世代Core i3-8100を搭載し、メモリが8GB、10万円以下のデスクトップPCだと電源は80 PLUS BRONZE対応が多いところを、このモデルは電源効率のよい80 PLUS GOLD対応です。
オーバークロックに対応したチップセットZ370-Aを採用し、第8世代Intel Coreプロセッサーを搭載していながら高いコスパを実現していますが、ビデオカードが搭載しておらずPUBGなどの3Dゲームには不向きで、ストレージもSSD320GBと物足りない印象はあります。
とくにゲームをする気がないというかたは、ネットサーフィンや動画を視聴するといった普段使いなら問題なく動作してくれるモデルといえます。
気が変わってSteamでゲームをしたくなったとしても、CPU内蔵グラフィックのインテル UHD グラフィックス 630で、画質などを調整するとそこそこ動作してくれそうです。

FRONTIERダイレクト:http://www.frontier-direct.jp/

FRONTIERダイレクト:GAシリーズ(第2世代Ryzen搭載モデル)

2018年4月19日に発売された最新のCPU、第2世代Ryzenを搭載したモデルです。(モニタ別売り)
無償で最上位であるRyzen 7 2700Xにアップグレードしてくれる点はかなり魅力的。最新で最上位のCPUを搭載していながら10万円を切るコスパとなっています。
グラフィックはNVIDIA GeForce GT 730を搭載しており、「ないよりはマシ」といった性能のビデオカードですが、3Dをあまり使っていないゲームなら設定次第でそれなりに動作してくるでしょう。
チップセットはX370なのでオーバークロックには対応していませんが、価格を考えると妥当なところといえます。
8コア16スレッドのRyzen 7 2700/2700Xは、Ryzenシリーズの弱点ともいわれていたゲーミング性能も向上しており、簡単な動画編集もこなしたりとマルチに活躍できる性能をもっています。
FRONTIERダイレクトでは本モデル以外にも第2世代Ryzen搭載モデルが掲載されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。

FRONTIERダイレクト:http://www.frontier-direct.jp/

ツクモ:G-GEAR mini(第8世代Core i3-8100搭載モデル)

BTOパソコンを取り扱うツクモネットショップで販売しているG-GEAR miniは、第8世代Core i3-8100と8GBのRAMを組み合わせながら7万円台で販売しているモデルです。さらにGeForce GTX 1050(2GB)を搭載しているので、設定次第ではゲームも十分楽しむことができます。
ネットワーク面は、イーサネット(有線LAN)だけでなく11acの高速無線LANに対応している点もうれしいです。
電源は500W 80PLUS SILVER対応で、”そこそこ”にふさわしいコスパと性能を実現しています。ただし、ストレージがSSD240GBなのが致命傷といえます。
デスクトップPCの買い替えを考えている方は、今使っているPCと性能面を比較してみるといいかもしれません。
また、はじめてデスクトップPCを購入するといったかたもエントリーモデルとしても十分。モニタとあわせても総額10万円以下で購入することができそうです。

ツクモネットショップ:G-GEAR mini GI3J-A180/T詳細

ツクモ:G-GEAR(第2世代Ryzen搭載モデル)

ツクモネットショップで取り扱う第2世代Ryzen搭載モデルです。(モニタ別売り)
CPUはRyzen 5 2600を標準搭載。キャンペーン中につき、Ryzen 5 2600Xと2TBのHDDへ無償アップグレードすることが可能です。
チップセットは拡張性が高くトリプルモニターにも対応するASRock AB350 Pro4 (ATX)。ビデオカードはGeForce GTX 1050Ti(4GB)を搭載。さきほどのG-GEAR miniに搭載されている、GeForce GTX 1050よりビデオメモリが2GB多くなっています。
Ryzen 5 2600/2600Xは、Ryzen 7 2700/2700XよりワンランクダウンのCPUですが、6コア12スレッドで、コア数とスレッド数だけでいえばCore i7 8700Kと同等です。

ツクモネットショップ:G-GEAR GA5A-A180/T詳細

Intelプロセッサーか第2世代Ryzenどちらを選べばいい?

第8世代Intelプロセッサー搭載PCと第2世代Ryzen搭載PCを交互に紹介していきました。
第8世代IntelプロセッサーだとCore i7 8700Kが人気ですが、どうしても10万円を超えてしまいハイエンドモデルとなってしまいます。
”そこそこ”いいというのであればCore i3-8100となり、Core i3だと少し物足りない気もしますが、4コア4スレッドでそこそこ負荷をかけても問題のないCPUとなります。どちらかというとIntelプロセッサーはPCゲームをしたいユーザーに人気です。

一方、第2世代Ryzenは動画編集といったクリエイティブ系に強く、弱いとされていたゲーミング性能も向上しており、第2世代Ryzenが発売されてからユーザーの評価が変わりつつあるCPUです。
とりあえずデスクトップPCは欲しいけどまだ何に使うか決めかねているのなら、万能ともいえる第2世代Ryzen搭載PCを選ぶといいでしょう。

まとめ

今回は”そこそこ”いい値段で”そこそこ”よいデスクトップPCを4モデル紹介してきました。
とくにツクモのG-GEAR miniは、ストレージの少なさを妥協すれば”そこそこ”にふさわしいコスパと性能なので、ぜひチェックしておきたいモデルとなっています。
第2世代Ryzenもまだ発売されたばかりなので、1台持っていれば数年問題なく使い続けることができるでしょう。
もちろん、今回紹介したデスクトップPCよりも安いモデルはありますし、中古も視野に入れると購入する幅が広がりますが、やっぱり”そこそこ”いいものを長く使い続けたいものです。

関連記事

-PC, windows10, ゲーミングPC