Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュースや格安SIM・格安スマホの最新情報、キャンペーン情報をお届けします

Android 格安SIM

格安SIMを無料で試せる格安SIM事業者3選

格安SIMを無料で試すことができる格安SIM事業者3社を紹介。通信料が安くなる格安SIMは魅力的だけど契約するのが怖いという方は必見。

「今のスマホ料金を安くしたい」という理由で格安SIMに乗り換えようか検討している方が増えています。
ですが、これまでと違う使い勝手や遅いと言われている通信速度などの不安から、格安SIMへの乗り換えを躊躇しているのではないでしょうか。
格安SIMを契約してから「思っていたものと違った」と、後悔してしまうと再度乗り換えに日数や時間を要してしまいます。
そこで1週間~2週間、無料で端末とSIMカードをレンタルしてくれる格安SIM事業者を利用することで、格安SIMの使用感をつかむことができます。
今回は、SIMカードを無料でレンタルしてくれる格安SIM事業者を3社紹介。これから格安SIMを使ってみたいという方は利用してみてはいかがでしょうか。

UQモバイル:Try UQ mobile

auのサブブランド「UQモバイル」では、15日間無料でデータ通信を試すことができます。
Android端末も無料で貸し出してくれるので、今使っているスマホをそのまま利用することもでき、手元にSIMフリースマホやSIMロック解除済みスマホがあるのなら、貸し出し端末以外でも試すことが可能です。
通信速度が自慢のUQモバイルを無料で体験することができるので、これから格安SIMを契約してみようと考えている方は利用してみたいサービスとなります。

Try UQ mobile概要
貸出期間 15日間
申込方法 Web
レンタルする際に必要なもの ・メールアドレス
・SNSが受信可能な電話番号/キャリアメールアドレス
・クレジットカード(デビットカード不可)
レンタルSIM マルチSIM nano
マルチSIM micro
nano SIM
micro SIM
レンタル機種 ・HUAWEI nova 2(nano SIM)
・AQUOS sense(nano SIM)
・arrows M04 PREMIUM(nano SIM)
・DIGNO V(nano SIM)
・HUAWEI P10 lite(nano SIM)
・AQUOS L2(nano SIM)
プラン データ高速プラン(音声通話不可)
発送費用 無料(返却時は同梱伝票にて無料)

データ通信専用のSIMカードとなるので、電話発信をすることはできないので注意が必要です。
試したいことは、いつもどおりWebページの閲覧やYouTubeといった動画サービスを利用するといいでしょう。
ポイントとしては時間帯を変えて通信してみることです。大手キャリアとちがってどの時間帯も通信が安定しているわけではないので、朝、昼、夕方といったように時間帯ごとの快適さを確認しておくようにしましょう。

UQモバイル公式サイト:http://www.uqwimax.jp/

トーンモバイル:TSUTAYAのスマホおためしレンタル

CD・DVD・Blue-rayのレンタルでおなじみのTSUTAYAが提供する格安SIMサービス「トーンモバイル」では、7泊8日無料で試すことができます。
トーンモバイルの特徴は、500kbps~600kbpsの通信速度にすることでとにかく安くスマホを利用することができるという点です。
データ通信のみなら月額料金は1,000円から利用可能で、高速データ通信を利用したい場合は都度チャージをして利用するという仕組みになります。

TSUTAYAのスマホおためしレンタル概要
貸出期間 7泊8日
申込方法 トーンモバイル取り扱いTSUTAYA店頭
レンタルする際に必要なもの ・レンタル機能つきTカード
・本人確認書類(免許証・パスポートなど)
レンタル機種/レンタルSIM TONE端末/nano SIM
プラン ・IP電話(30分)
・高速データ通信(1GB)
発送費用 店頭にて受け渡し・返却のため不要

トーンモバイルの無料レンタルは、TONE端末を利用することで契約時と変わらない使用感を試すことができます。
レンタル期間中に1GBの高速データ通信と500kbps~600kbpsのデータ通信を試せることがポイントで、とくにメインで利用することになる500kbps~600kbpsの通信速度は、いろいろなアプリと時間帯を変えて試しておきたいところです。
また、小さな子供やシニアに人気のトーンモバイルならではの見守り機能「TONEファミリー」も利用可能なので、おためしレンタルを利用して1週間だけ子供にスマホを持たせてみるといったこともできます。
レンタルはトーンモバイルの取り扱いをしているTSUTAYA店頭のみとなるため、まずはお近くのTSUTAYAがトーンモバイルを取り扱っているか確認してみるといいでしょう。

トーンモバイル公式:近くのトーンモバイル取り扱いTSUTAYAを探す

イオンモバイル:無料貸し出しサービス

イオングループが展開する格安SIM事業「イオンモバイル」では、即日お渡し店舗にて1週間(利用開始日を含めて7日間)無料でレンタルすることが可能です。
ネットワークはドコモで、auネットワークは無料体験できません。
イオンモバイルは、細かく区切られたデータ量のプランが用意されていることが特徴で、ドコモ回線なら速度も比較的安定していると評判の格安SIMです。
解約金や最低利用期間も設けられていないので、格安SIMを契約するハードルが一気に低くなっています。

イオンモバイル無料貸し出しサービス概要
貸出期間 1週間(利用開始日を含めて7日間)
申込方法 即日お渡し店舗にて申込
レンタルする際に必要なもの 本人確認書類(免許証・パスポートなど)
レンタル機種 arrows M03
プラン データプラン・タイプ2(NTTドコモ回線)
*音声通話不可
発送費用 店頭にて受け渡し・返却のため不要

イオンモバイルでは、富士通のAndroidスマホarrows M03を使ってデータ通信を試すことができます。
無料レンタルの受付は店頭のみとなっていますが、お近くのイオンにイオンモバイルショップが併設されているのなら利用してみてはいかがでしょうか。

イオンモバイル公式:近くのイオンモバイルショップを探す

まとめ

「格安SIMを使ってみたいけど使用感がわからない」という方は、今回紹介した無料で試すことができる格安SIM事業者で実際に触れてみることをオススメします。
とくにUQモバイルは、auのサブブランドという位置づけなので通信速度は他の格安SIM事業者と比べて速いことが特徴で、メールアドレスや電話番号などの必要なものが揃っていればWebから申し込める手軽さとなっています。
トーンモバイルとイオンモバイルは店頭のみの受付です。どうしても返却時に使用感などを聞かれ、話の流れでそのまま契約してしまうといったこともありえます。もしも契約する気がないのであれば、素直に契約する気がないことを伝えるようにするといいでしょう。
格安SIMで通信費を節約するだけでなく、できるだけ今使っている使用感と同じようにしたいという方は、今回紹介した格安SIMの無料体験を利用して現状と比べてみてはいかがでしょうか。

関連記事

-Android, 格安SIM