【2021年版】月額1,990円(税込2189円)のU-NEXTは高い?値段に見合うサービスなのか

U-NEXTの月額料金は高いのか?3年以上使い続けてわかった2021年最新レビュー。

「U-NEXT(ユーネクスト)」は、国内では最大級といっても過言ではない約21万本以上の動画を楽しむことができる定額制動画配信サービスです。
動画だけでなく114誌以上の雑誌が読み放題というオマケつきです。
U-NEXTの月額料金は1,990円(税込2,189円)。他の定額制動画配信サービスと比較すると高い料金設定となっています。
この料金設定が、U-NEXTの利用をためらう原因になっているのではないでしょうか。
今回は、U-NEXTが月額1,990円(税込2,189円)という高い料金に見合うサービスなのかまとめていきます。

U-NEXT:今スグ31日間無料体験をする

U-NEXTの料金体系

U-NEXTの料金は月額1,990円(税込2,189円)です。
この1,990円(税込2,189円)は基本料金といったところで、「見放題」対象の動画を視聴したり雑誌を読むだけならこれ以上の料金は発生しません。
「ポイント」対象作品や一部の書籍、マンガは別途課金をする必要があるので注意が必要です。

U-NEXT料金体系
月額1,990円(税込2,189円)
有料コンテンツ・ポイント対象動画
・書籍/マンガ
・NHKオンデマンド(月額税込972円)
・SMART USEN(旧:スマホでUSEN)(月額税込539円)
支払方法■クレジットカード
(Visa/Master Card/JCB/アメリカン・エキスプレス/ダイナースクラブカード)
■楽天ペイ
■キャリア決済(新規登録時のみ設定可能)

(ドコモ払い/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い/ワイモバイルまとめて支払い)
■Amazon.co.jp
(Amazon Fire TV/Fire TV Stick利用時)
■U-NEXTカード/ギフトコード
 特典無料体験31日間(600ポイント付与)
2ヶ月目以降、毎月1200ポイント付与(有効期限90日)

U-NEXTは意外と追加の有料コンテンツが多く、書籍やマンガも読むと月額3,000円くらいになってくることもしばしば。有料コンテンツに利用することができる1200ポイントが毎月付与されるのですが、ポイントの活用方法によってU-NEXTを利用してよかったと思えるかどうか変わってくる気がします。

無料ポイントの活用方法と考え方

レンタル作品にはサムネイルに「P」アイコンがついている

UNEXTは、毎月付与される無料ポイントでレンタル作品を視聴することが可能です。
無料ポイントは、初回31日間のトライアル中でも600ポイント付与。月額料金が発生したタイミングで、毎月1,200ポイントが付与されます。
ポイント対象作品は、サムネイルに「P」アイコンがついているので、見放題作品と見分けることができます。
作品によって必要なポイントは異なり、大体190ポイント~550ポイントといったところ。最新の映画作品などは、1,200ポイント必要な場合もあり作品によってまちまちです。
無料ポイントでレンタル作品を視聴することが、もっともベーシックなポイントの使い方です。

U-NEXTのポイントは全国の対象映画館の割引チケットとして利用することができるので、毎月映画館で映画を見るという方なら割引チケットに換えるのもアリでしょう。

マンガやラノベ、週刊マンガ雑誌など、60万冊以上の電子書籍も、無料ポイントで購入ができます。
「ポイントを使わないともったない」という意識より、本当に利用したいコンテンツがあるかどうかで、ポイントの価値やU-NEXTの利用価値が変わるといってよいでしょう。

月額料金内で114誌以上の雑誌が読み放題

筆者がU-NEXT利用の決め手となったのは、雑誌の読み放題です。
女性週刊誌から男性向け雑誌、エンタメ情報誌まで、約114誌以上の雑誌が月額料金内で読み放題となっています。
サービス開始当初は、雑誌読み放題自体オマケ程度の雑誌数でしたが、どんどん読める雑誌が増えていっています。
定期的に読んでいる雑誌が数冊あるだけで、雑誌代が浮きそうです。
前述したマンガについては基本的にポイント対象ですが、期間限定無料といったキャンペーンも開催されています。

U-NEXTの動画コンテンツは?

U-NEXTは見放題対象の動画なら月額1,990円(税込2,189円)だけで、映画やドラマ、アニメなど、見放題作品21万本以上を視聴することができます。
最新の国内ドラマはポイント対象が多い印象。海外ドラマはHuluよりは少ない印象ですか、ラインナップとしては豊富といえます。

すべて網羅しているわけではありませんが最新アニメも豊富で、「放送中」でフィルターをかけて検索することで探しやすさは抜群です。
動画コンテンツは、正直ポイント対象が多いです。「見放題」でフィルターをかけて検索することで、「見たい作品がポイント対象だった」というがっかりを防いでくれます。

動画コンテンツ視聴時の注意点

U-NEXTの動画には公開期限があります。公開期限を過ぎると視聴できなくなるので注意が必要です。
公開期限は権利的な問題もあり、他の動画配信サービスでも設けられていることがあります。
なので、後回し後回しにしているといつの間にか公開期限が過ぎて視聴できないということになってしまいます。
公開期限は作品詳細に記載。PCブラウザならストーリー付近に記載されているので、チェックしておきましょう。
公開期限が迫ると、作品詳細に赤字で記載されます。

結局は見たい作品がどれだけあるのか利用の決め手

どの動画配信サービスもそうですが、見たい動画があるかどうかが利用する際の決め手ではないでしょうか。
U-NEXTは他を圧倒する動画コンテンツの多さが最大の特徴なので、気になる動画が見つからない方が難しいラインナップとなっています。
U-NEXTの会員になれば、スマホにダウンロードしてから外出先でも視聴が可能なので、忙しい人にもピッタリのサービスです。

マルチアカウントに対応、家族で使えば節約にもなる

U-NEXTはファミリーアカウントと呼ばれるマルチアカウントに対応しているので、家族で利用することもできます。
マルチアカウントは、子供に見せたくない成人タイトルに視聴制限をかけたり購入制限をかけることが可能です。
家族でアカウントを共有すると、ひとりあたり約500円でU-NEXTが利用でき、うまく使えば家計の節約にもなります。
ファミリーアカウントについては、下記の記事で詳しく解説しているのでご参照ください。

まとめ

動画配信サービスとしては割高な月額設定のU-NEXT。動画だけでなく、雑誌の読み放題や毎月付与されるポイントを利用することでいろいろな使い方ができるサービスとなっています。雑誌を読んだり見たい動画も沢山あるという方なら、U-NEXTのサービスを十分に活かすことができるでしょう。
もしも、おそらく他の定額制動画配信サービスを利用しているのなら乗り換えを検討する必要があると思います。
U-NEXTでは31日間の無料期間を設けているので手軽に試すことができます。
ひとまず、動画のラインナップや普段読んでいる雑誌があるか確認してから無料体験することがオススメです。

U-NEXT公式サイト:https://video.unext.jp/

タイトルとURLをコピーしました