Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュースや格安SIM・格安スマホの最新情報、キャンペーン情報をお届けします

Android スマホ 格安SIM

ワイモバイルのAndroid Oneは買いなのか?4機種中心に比較

2018/05/26

Y!mobile(ワイモバイル)で購入することができるAndroid Oneは、「常に最新のGoogle体験を」がキャッチコピーのAndroidスマホです。
大手3キャリアではソフトバンクのみがS3を取り扱っており、その他の機種はY!mobile(ワイモバイル)で取り扱いをしています。
Y!mobile(ワイモバイル)でスマホとセット購入する際、いろいろなAndroid Oneが真っ先に目についたことと思います。
それだけY!mobile(ワイモバイル)ではAndroid Oneをオススメしているということなのですが、実際にどういうスマホかわからない方も多いはず。
今回はAndroid Oneの4つの新機種を中心に機能面などを比較していきます。

Android Oneとは

Android Oneの特徴はAndroid OSのバージョンがいち早くアップデートできることです。機種の発売から18ヶ月間、最低でも1回のOSメジャーアップデートが約束されており、2年間毎月セキュリティアップデートが実施されます。
GoogleのスマホといえばNexusが頭に浮かびますが、Android Oneのソフト面はGoogleが開発し、ハード面はシャープやHTCなど各メーカーが開発しています。
同じAndroid Oneでも製造元が異なるので、カメラ性能やCPU、画面サイズなど各メーカーの個性があらわれる機種を発売しています。

Android One 4機種比較

ここからは最新のAndroid Oneである「X2」「X3」「S3」「S4」4機種を比較していきます。
ひとまず、おさえておきたい基本スペックを記載します。


X2

X3
製造元 HTC 京セラ
CPU Snapdragon 630 SDM630(2.2GHz×4+1.8GHz×4) Snapdragon 630 SDM630(2.2GHz×4+1.8GHz×4
RAM 4GB 3GB
ROM 64GB 32GB
ディスプレイサイズ 5.2インチTFT
1920x1080(FHD)
5.2インチTFT
1920x1080(FHD)
カメラ メイン約1,600万画素
サブ約1,600万画素
メイン約1,300万画素
サブ約800万画素
防水/防塵 IPX7/IP6X IPX5・IPX7 /IP5X
おサイフケータイ
テレビ
バッテリー 2,600mAh 2,800mAh
価格 67,932円 67,932円

S3

S4
製造元 シャープ 京セラ
CPU Snapdragon 430 MSM8937(1.4GHz×4+1.1GHz×4) Snapdragon 430 MSM8937(1.4GHz×4+1.1GHz×4)
RAM 3GB 3GB
ROM 32GB 32GB
ディスプレイサイズ 5インチIGZO
1920x1080(FHD)
5インチTFT
1920x1080(FHD)
カメラ メイン約1,310万画素
サブ約500万画素
メイン約1300万画素
サブ約500万画素
防水/防塵 IPX5・IPX8 / IP6X IPX5・IPX7 / IP5X
おサイフケータイ
テレビ
バッテリー 2,700mAh 2,600mAh
価格 32,400円 32,400円

性能面は「X2」、「X3」が優れており、価格面では「S3」、「S4」といったところ。Android Oneはモデルの数字が大きいほど性能が高いわけではないのがわかります。
もし買って後悔をしないのなら、「X2」と「X3」の2機種でしょう。
「X2」はRAM容量が他の3機種よりも1GB多いのですが、RAMが1GBでも多いか少ないかでスマホの動作が大きく変わってきます。
「X2」には「HTC U11」に搭載している"握る"操作のエッジセンスや、一人ひとりの耳に合った音楽にチューニングしてくれる「HTC Uソニック・ハイレゾ」に対応しています。
一方「X3」は、カメラの性能やRAM容量こそ「X2」より劣るものの、おサイフケータイやテレビ、防水、防塵に防耐性と全部入りのスマホとなっています。

Y!mobile公式:Android One機種詳細を確認

価格面ではどうなのか

どの機種も正直言って高いです。「S3」と「S4」も価格面ではいいと言いましたが、Android Oneに限ったことなので、スペックを見ると他にも優秀な機種は沢山あります。
例えば「X2」を購入するのなら、同等の価格で「X2」以上のスペックをもつ「HTC U11」を購入してもいいですし、「S3」と「S4」同じ3万円台ならHUAWEIの「P10 lite」を購入することだってできちゃいます。
また、「X2」と「X3」は分割(割賦)払いに対応していますが、「S3」と「S2」は一括払いのみとなっているので注意が必要です。

Y!mobile(ワイモバイル)ではAndroid Oneを購入するしかない

実店舗ではAndroid One以外の機種を取り扱っているところもあるかもしれませんが、Y!mobile(ワイモバイル)オンラインストアではAndroid Oneのみ取り扱っていると言ってもいい状況です。(iPhone6s/SEの取り扱いはありますが)
Y!mobile(ワイモバイル)でAndroidスマホも一緒に購入したいのであれば、Android Oneから選ぶ必要があります。

Android Oneオススメは「X2」と「S3」

Android Oneからオススメを選ぶとするなら「X2」と「S3」です。
「X2」はミドルハイスマホに搭載されているSnapdragon 630とRAM4GBを組み合わせ、LINEなどの主要アプリはもちろん、人気のゲームなどのアプリを無難に動作させることができます。ハイレゾ音源に対応しており、専用のイヤホンが付属してくるのも地味にうれしいです。

一方、Android Oneの中ではコスト面に優れている「S3」はシャープならではのIGZOディスプレイを採用しており、消費電力を抑えつつ鮮やかな発色が特徴的です。
IGZOディスプレイの特徴を言葉にする際に、「鮮やか」という表現がよくされています。
一言に鮮やかと言っても、使ってみれば他のディスプレイとの違いがわかるのですが、IGZOディスプレイは他のディスプレイよりも一色一色ハッキリとわかり、あたたかみのある自然な発色をしてくれます。「鮮やか」というか「鮮明」と表現したほうがいいかもしれません。
消費電力を抑えつつ鮮明に映し出すディスプレイなので、バックライトの光が目に与える刺激も少なく、長時間スマホを操作していても疲れを感じづらい印象です。

まとめ Y!mobile(ワイモバイル)でスマホの購入を検討するなら

今回はY!mobile(ワイモバイル)の主力となっているAndroid Oneから4機種を紹介しました。
スペック面と価格面どちらをとっても強くオススメすることができないのが残念ですが、機種の発売から18ヶ月間、最低でも1回のOSメジャーアップデートと2年間毎月セキュリティアップデートが実施されることが魅力的なら購入を検討してもいいでしょう。
Y!mobile(ワイモバイル)でスマホも一緒に欲しいという方は、SIMフリースマホを別途購入してY!mobile(ワイモバイル)でSIMだけを契約するというのが賢い選択かなと思います。
SIMフリースマホの購入に不安があるという方は、Android One「X2」と「S3」から選んでみてはいかがでしょうか。

Y!mobileオンラインストア:https://www.ymobile.jp/

関連記事

-Android, スマホ, 格安SIM