Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュースや格安SIM・格安スマホの最新情報、キャンペーン情報をお届けします

VR ゲーム ニュース

ついに買い時?PSVRが価格改定、1万円の値下げで販売開始

発売開始から品薄状態が続いていたソニーの「PlayStation VR」(以下、PSVR)が、2018年3月29日より1万円値下げしました。
値下げされた「PS VR」はカメラ同梱版で、44,980円(税別)から新価格34,980円(税別)となりました。
税込みで約5万円だった「PS VR」が4万円を切る価格となり、品薄状態も解消しつつあるのでようやく買い時になったのかなという印象です。

新価格「PS VR」販売店一覧まとめ

値下げされた「PS VR」の販売店をまとめていきます。
Amazonは新価格が反映されていない為、Amazonで購入の際は表示されている価格に注意しましょう。

Amazon
楽天ブックス
ヨドバシカメラ
ビックカメラ
ノジマオンライン
ヤマダウェブコム
ジョーシンWebショップ

他のVRゴーグルを購入した方がいいのではないか?

「PS VR」の値下げでかなり手頃にはなったものの、それでも安い買い物とはいえません。
VRゴーグル自体、「PS VR」以外に「HTC VIVE」や「Oculus Rift」などがあります。

機器名称 価格
PlayStation VR 34,980円(税別)
HTC VIVE 64,250円(税別)
Oculus Rift 50,000円(税別)

値下げをしたことで、価格自体は「PS VR」が頭一つ抜けています。
PlayStation4を所有していてVRを体験したいのなら、「PS VR」を購入した方がサイフには優しいでしょう。
まだ、PlayStation4を持っていなくて「PS VR」も一緒に購入しようと検討しているのなら、PlayStation4 Proの購入が推奨されています。
PlayStation4 Proは約5万円で、「PS VR」と一緒に購入すると10万円近い出費になってしまいます。
PlayStation4 Pro自体も対応しているソフトや4Kテレビ・ディスプレイを所有していないと、性能を発揮することができないので「PS VR」の為だけに購入するのなら少し考えものといったところです。
「HTC VIVE」や「Oculus Rift」は、ハイスペックPCを持っている方ならオススメしたいVRゴーグルです。
PCゲーム配信プラットフォームのSteamでは、VR対応のタイトルが増えており、表現の幅が広いPCならではのVRタイトルをプレイしたいという方にピッタリです。

VRゴーグルは周辺機器という扱いですが、価格だけをみれば本体といってもいいでしょう。
結局の所、ゲーム機本体を購入する時と同様に「プレイしたいタイトルがあるか」が判断基準だと思います。
単純にVR映像を体験してみたいということであれば、数千円で購入することができるスマホ用のVRゴーグルで十分でしょう。
「PS VR」自体、品薄状態が解消されつつあり、値下げをしたからといって売り切れする店舗が続出するとは考えづらい状況です。
本当に必要なものか、ゆっくりと検討することをオススメします。

関連記事

-VR, ゲーム, ニュース