Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュースや格安SIM・格安スマホの最新情報、キャンペーン情報をお届けします

Android iPhone スマホ スマホアプリ 格安SIM

YouTubeやLINE、音楽ダウンロードってどのくらいの通信量?

格安SIMを契約する時、データ容量の選択に迷ってしまいますよね。
1GBだと少ない気がするし、5GBだと余るかもしれない、かと言って3GBだと微妙に容量を超えそう・・・
こういった迷いを解決する為には、どのアプリがどれくらいの通信量を使うかを把握しておくこと、データ容量の選択の際にひとつの目安となります。
今回は主要アプリとも言えるYouTubeあLINEがどれくらいの通信量が発生するかをまとめていきます。

アプリが1GBの通信を行う目安

1GBでどのくらいアプリを使うことができるか検証した結果になります。
今回は、YouTubeとLINE、その他アプリのダウンロード時に発生する通信量も合わせて掲載します。

YouTubeアプリ使用時
画質 1GBあたりの再生時間目安
144p 約10時間~12時間
240p 約8時間~9時間
360p 約4時間~5時間
480p 約2時間~3時間
720p 約1時間
1080p 約30分~50分

通信制限を受けてしまう理由に多くあげられるYouTubeは、画質によって通信量が異なります。
YouTubeは4K画質に対応していますが、スマホで視聴するには適してはいません。
同じ画質でも再生時間に開きがあるのは、同じ画質でも動画1本当たりの容量もバラバラだからです。
動きのある動画を再生すれば、その分、通信量を使い、逆に動きのない静止画だけで音声のみの動画を再生すると通信量はぐっと少なくなります。

LINE
トーク 文字のみ約50万通/1GB
通話 約40時間/1GB
ビデオ通話 約3時間/1GB

LINEのトークは文字のみなら約50万通の送受信が可能になります。もちろん、画像や動画ファイルを送受信するとその分の通信量が発生してしまうので注意が必要です。
LINE側の設定で、送信する画像の画質や動画の自動再生の有無を選択することが可能なので、通信量を節約したいという方は設定することをオススメします。

その他 ダウンロード
音楽 約204曲/1GB(1曲約5MB)
アプリ 約34本/1GB(1本約30MB)

アプリは、Google Play・App Storeからダウンロードした際の容量となります。
アプリによってはダウンロード後、初回データのダウンロードが発生することがあるので、実際にダウンロードできる本数は少なくなります。

まとめ

今回は、1GBの通信量でアプリをどれだけ使うことができるかまとめてきました。
スマホの通信設定から各アプリがどれだけのデータ通信を行っているか確認することができるので、今回掲載したデータと比較することで、YouTubeを何時間視聴しているかなどを把握することができます。
格安SIMを契約する際に、今までと変わらない使い方が出来るようなデータ容量を選ぶ参考にしてみてください。

関連記事

-Android, iPhone, スマホ, スマホアプリ, 格安SIM