Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュース

PC windows10

PC起動時AccelerometerSt.exeエラーが頻発した時の解決方法

2017/09/23

HP製PC起動時に「AccelerometerSt.exe アプリケーションを正しく起動できませんでした」というエラーが頻発する場合があります。エラーコードは「0x000007b」で、再起動をしても同様のエラーが発生してしまいます。
このエラーが起こる原因はWindowsのアップデートをした際に多く見受けられ、特にWindows7、Windows8.1からWindows10にアップグレードしたPCによく起こってしまいます。
「AccelerometerSt.exe」のエラーがPC起動時に発生した場合、無視しても問題ありません。しかし、PCを起動する度にエラーが起こってしまうと不安になるでしょう。今回はHP製PC起動時に「AccelerometerSt.exe」エラーが起こった場合の解決方法を紹介します。

AccelerometerSt.exeとは?

「AccelerometerSt.exe」は、PC起動時にスタートアップとして「HP3D DriveGuard System」を起動するHP独自のアプリケーションです。
ノートPCにプリインストールされており、高い場所からPCが落下した際に衝撃からハードディスクを守ってくれるアプリケーションなので、必要ないといえば必要のないアプリケーションです。

エラーの解決方法

エラーの解決方法は「HP3D DriveGuard System」をアンインストールして、再インストールすることです。PCを持ち歩くことがない場合はアンインストールするだけで問題ありません。

「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」を選択し、「HP3D DriveGuard」をアンインストールします。
アンインストールが完了したら、PCを再起動してエラーが発生しないか確認します。

HP3D DriveGuardの再インストール

「HP3D DriveGuard」は、HPサポートからダウンロードすることができます。
HP カスタマーサポート - ソフトウェアおよびドライバーのダウンロード:https://support.hp.com/jp-ja/drivers

ドライバーチップセットの項目から「HP3D DriveGuardソフトウェア」をダウンロードしてインストールします。
インストール完了後、PCを再起動して「AccelerometerSt.exe」エラーが発生しないか確認します。「AccelerometerSt.exe」エラーが発生してしまった場合、再度「HP3D DriveGuard」をアンインストールします。その後、再インストールしても同様のエラーが発生する可能性が高いので「HP3D DriveGuard」をインストールする必要はありません。特にインストールしていないからといって問題のあるアプリケーションではない為、PCの落下に気をつけるようにしましょう。

関連記事

-PC, windows10