Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュース

PC PCアプリ windows10

Windows Media Player「サーバーの実行に失敗しました」をシンプルに解決

動画や音楽の再生にWindows Media Playerを使用していると、「サーバーの実行に失敗しました」というエラーでファイルが開かない時があります。
このエラーについては、新しくツールをインストールしたり、アプリの再インストールをすることなく簡単に解決することができる場合があります。
今回の使用OSは、Creators Update済みのWindows10で、Windows Media Playerのバージョンは12.0150630となります。

解決方法はPCを再起動をするだけ

Windows Media Playerで「サーバーの実行に失敗しました」エラーが出た場合、PCを再起動するだけで直ることがあります。
このエラーについては意図的に出すことが出来ない為、当サイトでもエラーが発生した時に様々な方法を試みましたが、最もシンプルに解決することができたのが「PCの再起動」という方法になります。

シャットダウンをしてから、電源ボタンでPCを立ち上げ直すと、同様のエラーが発生してしまいます。
しかし、再起動をすると何故かエラーが解消されて動画や音楽がWindows Media Playerで再生をすることができようになります。

悪さをしているのは「Task Host Window」?

再起動するだけの解決方法をこれまで数回試みて共通したことは、再起動をする際「Task Host Window」によって再起動やシャットダウンが妨げられていました。

これについては、キャンセルをして時間が経てば再起動やシャットダウンが可能になりますが、それでも再起動ができない場合は「強制的に再起動」を選んで再起動をします。
これまでも、強制的に再起動をしても大きな問題が発生したことがないので、待っても再起動の際に同様の画面が出たら思い切って「強制的に再起動」を選んで再起動してもいいでしょう。

そもそも「Task Host Window」とは?

「Task Host Window」を簡単に説明すると、バックグラウンドで何かしらの処理をしているものと思ってもらえればいいでしょう。
その他の解決方法については下記のサイトで紹介されています。
http://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=016925

「Task Host Window」で再起動が出来ない症状が出るタイミング

これまで数回同様のケースがありましたが、ほとんどが更新プログラムをインストールした時でした。
更新プログラムをインストールした時は、PCの動作が不安定になる時があります。
今回「サーバーの実行に失敗しました」エラーが発生した時も、更新プログラムをインストールした直後でした。
もしかしたら、今もWindows Media Playerで「サーバーの実行に失敗しました」エラーが発生している方がいるかと思いますので、今回紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

-PC, PCアプリ, windows10