Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュース

windows10 ニュース

Win10Creators Updateの新機能Mini Viewについて

Windows10 Creators Updateの提供が開始されて数日が経ちました。
今回はCreators Updateの新機能のひとつであるMini Viewの機能面や使用方法についてです。
Mini Viewは、常にアプリを前面に表示させておく機能で、「コンパクト オーバーレイ ウィンドウ」という呼び方をします。
Creators Update提供開始のお知らせにも記載がありましたが、具体的な使用方法や対応しているアプリについては不明のままでした。

現状は「Skype」「映画&テレビ」アプリのみ対応か

「コンパクトオーバーレイウィンドウ(Mini View)」機能を使用することができるアプリは、「映画&テレビ」や「Skype」アプリとされています。
Windows10向けの「Skype Preview」には、コンパクトオーバーレイウィンドウの設定のようなものは見当たらず、通話時に別のアプリへ切り替えると、自動的に小さな通話画面が前面に表示されるようになります。
Skypeについては、Creators Update前にも同様に前面に表示されていたような気がします。

「映画&テレビ」アプリは、再生画面の右下にあるボタンから「ミニモードで再生」をクリックするとウィンドウが切り替わり、常に前面に表示されるようになります。
他のアプリも確認してみましたが、Creators Update後にコンパクトオーバーレイウィンドウ機能が使用できるアプリは、「映画&テレビ」「Skype」のみと思われます。
動画を見ながら作業したりする方には、「映画&テレビ」アプリの「ミニモードで再生」の機能はオススメです。

関連記事

-windows10, ニュース