Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュース

PC PCアプリ windows10

動画を全画面にした際に、タスクバーが隠れない場合の対処方法

YouTubeなどで視聴する動画を全画面にした際に、タスクバーが隠れずに前面に表示されてしまってシークバーの操作ができなかったり、全画面表示の終了をESCボタンで行わないといけないことが稀にあります。
YouTube以外の動画サイトや他のアプリを全画面表示した際にも同様の現象が起こってしまい困っている方は、以下の方法で解決することがあります。
今回の動作環境はWindows10です。

タスクバーの設定を確認

タスクバーの何も表示されていない部分を右クリックして、「設定」を選択します。

タスクバーの設定画面が表示されるので、「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」を「オン」にします。
この設定は、タスクバーが自動的に隠れて、マウスポインタをタスクバー付近に合わせると再び表示されるものとなります。
ここでオンにしたりオフにしたりすることで、これまでと同様のタスクバーの働きに戻ることがあります。

タスクバーを常に表示したいとき

これまでタスクバーが表示されていても、全画面表示にした時にはタスクバーが隠れていたという方や、タスクバーが常に表示されていた方が便利という方は、下記の設定を確認してみてください。
この操作は、1台のPCでディスプレイを複数使っている方のみが対象となります。

先程の手順と同様に、タスクバーの設定画面を開いたら、下の方にスクロールすると「複数のティスプレイ」という見出しが現れます。
「タスクバーをすべてのディスプレイに表示する」という項目が「オン」になっている場合は「オフ」にします。
逆に「オフ」になっている場合は「オン」にするようにします。
この項目は、デュアルディスプレイにしている時に、2画面目にもタスクバーを表示するかどうかの設定となります。
1画面だけだと、「タスクバーをすべてのディスプレイに表示する」の項目が活性化されません。

エクスプローラーを再起動してみる

タスクバーを右クリックして「タスクマネージャー」を選択するか、「ctrl」+「alt」+「delete」キー同時押しでタスクマネージャーを開きます。

タスクマネージャーが開いたら「エクスプローラー」の項目を右クリックして再起動を選択します。
この時、何かしらのフォルダを開いていないと「エクスプローラー」の項目は表示されません。
エクスプローラーが再起動し、PCの動作が安定したらYouTubeなどで動画を全画面表示にしてみます。

関連記事

-PC, PCアプリ, windows10