Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュース

Android iPhone スマホ ニュース

アンカージャパン 偽造品の取扱いが発覚 消費者に注意を呼びかけ

アンカージャパン株式会社は、一部のオンラインショッピングサイトにて同社の製品の偽造品が取り扱われていることを発表しました。
この発表によると、アンカーが販売しているモバイルバッテリーとライトニングUSBケーブルの2製品の偽造品を既に確認できているとのことです。
また、偽造品が取り扱われているとのことで、消費者に対して正規の直売店で購入するよう注意を呼びかけています。

アンカー直販オンラインショッピングサイトは下記の通りです。
AnkerDirect(Amazon店)
アンカー・ダイレクト楽天市場店(楽天市場店)
AnkerDirect(Yahoo!ショッピング店)

オンラインショッピングサイト以外の正規取扱店は下記のURLをご参照ください。
https://jp.anker.com/OfflineStore

偽造品が確認できるいるアンカー製品は下記の通りです。
Anker PowerCore 20100 (メーカー型番:A1271012)
Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル0.9m (メーカー型番:A8111021)

正規品と偽造品の外見上の差異

正規品と偽造品についての外見上の差異は下記の画像をご確認ください。

Anker PowerCore 20100(モバイルバッテリー)

左が正規品で、右が偽造品になります。
刻印されている「IQ」「input」の文字が正規品よりも大きく刻印されています。
一見するとわかりづらいかもしれません。

USB端子が位置が偽造品では逆向きになっています。
また、端子が緑色になっているものもあるようです。

底面の縁に使われている材質が異なっているそうです。
右側の偽造品にカバーと本体の間にほとんど隙間がないように見受けられます。
また、偽造品の右側には三角形のようなマークが印字されています。

偽造品はひとまわりサイズが大きい為、PowerCore本体をきちんと収納することができません。

PowerCoreについては、パッケージの差異については発表されていません。
アンカーの正規販売店で購入することで、偽造品の購入を未然に防ぐことができます。

Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル0.9m

USB端子の形状が異なっています。
偽造品にはUSBケーブルを束ねているテープに「ANKER」の文字が印字されていません。

正規品にはライトニングコネクタ側に「Power Line」の文字がケーブルに印字されています
右側の偽造品には「Power Line」の文字は印字されていません

正規品はUSBコネクタ側にシリアルナンバーが印字されています。

ケーブルの太さを比較したものになります。
上が偽造品で下が正規品です。
偽造品の方がケーブルが太くなっています

左側の正規品のパッケージには対応機種が印字されています。
また、パッケージ中央の印字も正規品は灰色で印字されています。

パッケージ側面の情報も、偽造品はあきらかに少ないです。

カスタマーサポートマニュアルの表記も一部異なっているようです。
少し見えづらいですが、正規品の吹き出しの中は「★」マークとなっており、偽造品は「…」になっています。

カスタマーサポートの問い合わせ先について、偽造品は「.con」や「suppprt」といったように書きあやまっている箇所が見受けられます。

Source:https://jp.anker.com/

もしも偽造品を使用していたら

万が一、偽造品と思われる製品を使用していた場合、アンカーでのサポートを受けることができません。
問い合わせ先としては、購入した販売店へ直接確認する必要があります。
偽造品と思われる製品を使用している場合、iPhoneなどの機器が故障してしまう原因となるので使用を中止することをオススメします。

-Android, iPhone, スマホ, ニュース