Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュース

Android スマホ ニュース

Samsung 回収した「Galaxy Note7」の今後の取り扱いを発表


2016年に発売された「Galaxy Note7」は、バッテリーの設計と製造工程に問題があり、発売から1ヶ月後に発火や爆発が相次ぎ、全世界でリコール対象となりました。
Samsung Electronicsは3月27日、バッテリー発火問題によって回収された430万台にも上る「Galaxy Note7」の今後の取り扱いについて発表しました。

3月27日に発表された内容によると、整備済みの「Galaxy Note7」は、一部地域にて販売・レンタルを予定しているとのことです。
使用済みなどで整備ができなかった「Galaxy Note7」については、部品の一部をカメラの部品やレアメタルとして再利用していくそうです。
販売される際は、バッテリー容量を以前よりも小さくし、モデル名も変更する予定とされています。
販売地位や価格などは、地域での需要を検討したうえで決定する計画ですが、同社は、米国テックメディア「The Verge」に対し、「米国では販売しない」と語っています。

Source:Samsung NEWSROOM

-Android, スマホ, ニュース