Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュース

ニュース

CAMPFIREが2017年夏頃、仮想通貨対応へ


クラウドファンディングサービスを提供する「CAMPFIRE」は、プロジェクト成功時の決算手段として、CAMPFIRE独自のトークン「CAMPFIRE COIN (※仮称)」やビットコインなどの仮想通貨に対応を計画していることを発表しました。
それに先駆け、ブロックチェーン技術「mijin®」と仮想通貨取引所「Zaif®」を提供するテックビューロ株式会社と「CAMPFIRE」が提携して仮想通貨取引所「FIREX(ファイヤーエックス)」 が開設されました。現在は仮想通貨ビットコインの取引が可能になっています。

仮想通貨に対応するとどうなる?

「CAMPFIRE」で仮想通貨を使用して支援ができるようになった場合のメリットは、プロジェクト実行者への送金がスムーズになったり、決算手数料の負担が減ることが挙げられます。
どのくらい早くなるのかは公開されていませんが、振込みまで通常1ヶ月以上時間が掛かってしまうところ、仮想通貨を利用することで数日もしくは即日送金できるようになるのではないかと予想されます。

「CAMPFIRE」公式サイト:https://camp-fire.jp/
「FIREX(ファイヤーエックス)」公式サイト:https://firex.jp/

関連記事

-ニュース