Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュース

Android iPhone 新商品

Appleの新型イヤホン「エアポッド」は値段に見合うものなのか?

2017/03/27

Appleから新型のワイヤレスイヤホンAirPods(エアポッド)が発売されました。
ワイヤレスイヤホンの価格は、安いものだと2000円~5000円ですが、エアポッドの価格は税別16,800円と、ワイヤレスイヤホンとしては高めの値段設定になっています。

pod1

iPhoneと一緒に使用すると見た目もオシャレですが、やっぱり値段や音質が気になりますよね。
しかし、エアポッドには値段に見合う機能がギュッと詰め込まれています。

Siriと相性抜群のセンサーが内蔵

pod2

イヤホンには様々なセンサーが内蔵されています。
例えば、耳に装着した瞬間に音楽が再生されたり、イヤホンをダブルタップをしてSiriを起動させたり。
Siriを使って音楽の音量を調節したり、再生や停止をすることができ、電話の発信も可能です。
電話など、Siriを使い終わったら自動的に再生されていた曲に戻ることができます。

肝心の音質は?

イヤホンはもともと音楽を聴くものなので、値段相応の音質かどうか気になるところです。
使ってみた感想は、安価のイヤホンによくあるペアリングの不安定さやバチバチといったノイズがなく、ゲームをプレイしている最中の遅延も気になりませんでした。
音質自体は悪くはない印象でしたが、普段Beatsのイヤホンをしている自分にとっては音の厚みが少し物足りなく感じました。
ネットの口コミを見ても音質が悪いといったものが見受けられなかったので、音質については心配しなくてもいいでしょう。

連続駆動時間は約5時間

pod3

エアポッドの連続駆動時間はフル充電で約5時間です。
他の製品ですと、3時間程度の連続駆動時間のものがほとんどなので、比較的長く使えます。
充電は付属の充電ケースにLightning USBケーブルを接続して充電します。
充電ケースにも蓄電されるので、Lightning USBケーブルを接続せず、充電ケースに収納することで充電をすることが可能です。
付属のケース型充電器を持ち運び、使わない時は充電器に収納して充電することで、実質バッテリーを気にすることはなくなります。
充電器に収納して15分間充電すると約3時間再生することができます。

対応機種は?

iPhoneの場合、iPhone5S以降のiOS10以上で使用することができます。
Bluetooth接続ですので、Androidにも使用することができますが、ダブルタップの機能といったApple製品に対応した機能は制限されてしまい、音楽を聴くだけになりますが、今後、iPhoneに機種変更を検討している場合は、購入しておくのもアリだとおもいます。

-Android, iPhone, 新商品