Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュース

ニュース 新商品

今が買いなのか!?DMMが低価格4Kモニター発売!

2017/03/27

オンラインコンテンツをメインに提供しているDMM.comの国内、国外家電製品の流通・販売を支援する部門「DMM.make Distribution」より、低価格の4Kディスプレイ「DMM.make DISPLAY」が発売されました。

4k1

低価格が一番のウリ

2016年11月15日から発売が開始された、「DMM.make DISPLAY」の魅力は何よりもその価格です。
50インチで6万円、65インチでも16万円という低価格での販売となります。
現状、4Kディスプレイで50インチ以上のサイズのディスプレイ業務用で使用されるものがほとんどで、安いものでも20万円以上の価格となっています。
また、6万円台の4Kディスプレイは他のメーカでも販売されていますが、ほとんどが28インチのディスプレイです。

 

用途の多くはPCモニターかゲーム機に

購入を検討している方の多くが、PCモニターとして使用するか、ゲーム機に接続して楽しみたいと話しています。
「DMM.make DISPLAY」にはチューナーが内蔵されておらず、4Kテレビの視聴には別途4K対応のチューナーか、チューナー内蔵のレコーダーが必要になってくるからです。
チューナーレスであることも低価格のヒミツであり、dTVやNetflix(ネットフリックス)といったVODやYouTubeでテレビではなくとも、インターネット配信を利用して4K画質の映像を体験することが可能です。

本当に今が買いなのか

これまでの4Kテレビ、ディスプレイに対して、「4K画質に興味があるけど、手が出る価格ではない」というのが本音です。
50インチ6万円の「DMM.make DISPLAY」は4Kエントリーモデルとしては十分だと思います。
それでも安い買い物ではないので、「4K対応のCS放送の加入を検討している(スカパー!4K等)」、「もともとディスプレイの買い替えを検討していた」「大型のモニターでゲームをプレイしたい」といったように本当に購入するべきか、自身の用途を整理する必要があるでしょう。

リンク:http://make.dmm.com/public/product/display/

関連記事

-ニュース, 新商品