Apprise

アップライズ - PC、スマートフォンを中心としたニュース

PC スマホ ニュース

kindle unlimitedで謎の高額本が並ぶ事態に

2017/03/27

Amazon.co.jpがkindleの定額サービスとして、月額980円で読み放題のkindle unlimitedをスタートしました。
読みたいけど購入を迷っていたユーザーにとっては、手軽に読みたい電子書籍を読むことができるうれしいサービスになっています。

kin4

2万円の電子書籍?kindleのラインナップに異変が

サービス開始直後から2万円以上もする電子書籍を多く見かけるようになりました。
これらの電子書籍は、どれも興味をそそられるタイトルで、kindle unlimitedのサービスを利用しているユーザーは思わず読んでみたくなってしまうのではないでしょうか。
個人の方が出版しているものばかりで、1ページだけのものから数百ページあるものの、内容が雑で価値がないものが高額電子書籍のほとんどを占めています。

kin2

kindle unlimitedのロイヤリティを狙っている

kindleは通常、電子書籍の価格70%をロイヤリティとして著者に渡す仕組みとなっています。
定額サービスを利用して電子書籍を読んだ場合、どのようにしてロイヤリティを分配するのかというところですが、kindle unlimitedではページ単位で著者にロイヤリティが支払う仕組みとなっています。
通常のkindle価格で販売されている金額が安いほどkindle unlimitedで購読した際のロイヤリティは安いと予想されるので、ページ単価を上げる為に今回のような2万円の電子書籍が並びだしたと考えられます。

Amazonは今後どのように対応をしていくのか

今も増えている高額電子書籍にAmazon側がどのような対応をするのかが注目されます。
今回の件で、今後発売する電子書籍に審査を追加するといった対応がはじまるのではないかと予想されます。
もしくは、kindle価格の上限を下げるといったような対応が必要になってくるかもしれません。
いづれにしても現状は、読者が欲しいと思う情報を得ることが難しい状況であるということは間違いありません。

-PC, スマホ, ニュース